南米の詩情



南米大陸と日本をまたにかけ活躍するチャランゴ奏者
福田大治のオフィシャルサイトです。

チャランゴって?

今回はビッグニュースです!!

ボリビア音楽ファン、中でもケーナ奏者なら誰もがあこがれる、あのホセ・ホセロ・マルセロの「午後6時」などの往年の名曲、その作曲者でもあるケーナの巨匠・マルセロ・ペーニャさんと昨年からボリビアでトリオを組んでいまして、なんと、この4月に初の来日公演が実現します!!

各地でみなさんに再会できるのを楽しみにしていますので、どうか応援のほど、よろしくお願いします!

詳細公演は以下の通りです。

『ホセ・ホセロ・マルセロへのトリビュート』ボリビア発・新トリオ、奇跡の来日公演!

出演;
マルセロ・ペーニャ(ケーナ)
福田大治(チャランゴ)
ウィルソン・モリーナ(ギター&ボーカル)

70年代後半、南米ボリビアにて一世を風靡した伝説のトリオ「ホセ・ホセロ・マルセロ」の名ケーナ奏者マルセロ・ペーニャを中心に昨年結成された新トリオの演奏で、往年の名曲の数々を心ゆくまでお楽しみいただける、夢のような企画です。ニューアルバムも同時発表予定、この機会をお見逃しなく!

★公演日程詳細

2015年4月1日(水);大阪府吹田市・メイシアター小ホール、18:30開場・19:00開演、予約4000円・当日4500円。 ご予約先;090-5153-0009, Mail; inti@kagoya.net(インティ工房・近藤)

4月2日(木);滋賀県大津市・伝統芸能会館能楽ホール、18:30開場・19:00開演、予約3000円・当日3500円。ご予約先;tfukuda2012@nike.eonet.ne.jp(福田)

4月4日(土);愛知県名古屋市・Live&Dining GARY’S、14:30開場・15:00開演、予約4000円(+1ドリンク500円)。ご予約先;052-251-5161(PUKIO Latinoamerica)

4月5日(日);
(昼の部)茨城県つくば市・G-clef、13:30開場・14:00開演、予約4000円・当日4500円。ご予約先;029-836-2995(G-clef)

(夜の部)茨城県水戸市・手打蕎麦にのまえ“かぶりつきスペシャルライブ”、18:30開場・19:00開演、予約7000円・当日7500円。ご予約先;029-303-6058(にのまえ)

4月6日(月);東京都四ッ谷・絵本塾ホール、19:00開場・19:30開演、予約4000円・当日4500円。ご予約先;daijito@hotmail.com(福田)

4月7日(火);宮城県仙台市・坐カフェ、19:00開場・19:30開演、予約4000円・当日4500円。ご予約先;022-266-4632,Mail; s-kamimura@almond.ocn.ne.jp (坐カフェ)

4月9日(木);北海道札幌市・渡辺淳一文学館B1Fフロア、18:30開場・19:00開演、予約3500円・当日4000円。 ご予約先;090-3227-7362, Mail: ashikouboh@gmail.com(岡田)

☆その他の細かいお問い合わせは、福田大治(daijito@hotmail.com)までお願いいたします。

★演奏者プロフィール

マルセロ・ペーニャ;
1957年ボリビア・コチャバンバ出身。現代最高峰のケーナの巨匠。幼少期の8歳よりペーニャ・ナイラ(ラパス)を拠点に音楽活動を開始。77年〜83年に創立者の1人として活躍した伝説のトリオ「ホセ・ホセロ・マルセロ」は、ボリビア・ネオフォルクローレ(新しい民俗系ポピュラー音楽)の一大黄金期を築いた。90年代には4度にわたり「ルス・デル・アンデ」のメンバーとして来日した。

福田大治;
1966年京都出身。ボリビアチャランゴ協会(SBC)日本代表演奏家として日本と南米各国をまたにかけ活躍中。90年代中期より8年間暮らしたボリビアでは数多くのトップアーティストらと共演・レコーディングを重ねている。07年、ボリビア共和国政府およびSBCよりチャランゴ界最高位の認定状「マエストロ・ディプロマ」を授与される。

ウィルソン・モリーナ;
1971年ボリビア・ラパス出身。90年代に「ルス・デル・アンデ」の歌手として数度来日、そのボリビア有数の美声は中南米・欧米はもちろん、日本でもファンが多い。現在は南部タリーハ系の音楽を得意とする自身のグループ「シン・フロンテーラス」などで活躍中のほか、妻である名歌手エステル・マリソルとも長年にわたって共演している。また、ギタリストとしても多数のユニットで凄腕を発揮している。

(2015年2月10日更新)




Desde 04/12/04