DIC談話室
[談話室入口] [使用説明] [語句検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[557] 巨大チャランゴ 投稿者: 投稿日:2005/10/20(Thu) 19:55  

帰国して早1週間たちました。ホームページの更新などいろいろ宿題がたまってしまってます。

巨大チャランゴ
チャランゴの大きさ世界一でギネス・ブックにも載ったセラーノの巨大チャランゴの紹介ページがSBCのサイト内にありました。
音色も聴くことができるのですが、もはやチャランゴというより巨大なベースギターですね。
写真17は制作場から市役所まで運び出した写真ですが、私もちょっぴり写っています(わかる人はいないでしょうけど)。この時からもう2年近く経ってしまったんですね。
http://www.charangobolivia.org/charangogrande/charango.htm

コンサート情報が2件も!書き込みありがとうございます。
川越フォルクローレコンサートは知り合いがたくさん出そうですね。
入場料は無料でしょうか?

高橋さん>
ご無沙汰しています。日付が書いてありませんが、川越フォルクローレコンサートと同じ10月30日ですね。聴きには行けませんが、頑張ってください。また東京での演奏を楽しみにしています。




[556] お知らせ 投稿者: 投稿日:2005/10/20(Thu) 17:30  

Ishinoさん、おかえりなさい!
仙台の高橋です。
ボリビア情報、楽しみにしていますよ。
さて、今月末に宮城県でコンサートがありますので、
この場にてお知らせさせてください。

遊楽館こもれびコンサート「アンデスの響き」(宮城県) 
 時間:14:00開演(13:30開場)
 場所:遊楽館かなんホール(石巻市北村字前山15-1) 
 出演:DELTA<高橋易宏(ケーナ)、稲垣達也(ピアノ)、櫻井不二麿(ウッドベース)>
    福田大治(チャランゴ)、犬伏青畝(ギター)
 料金:大人1000円、子供500円
 お問い合せ:0225-72-3561(遊楽館 文化振興グループ)
 主催:石巻市遊楽館、石巻市文化スポーツ振興公社

仙台を拠点に活動するアコースティック・トリオ
DELTA(http://www1.odn.ne.jp/~cbc38030/delta/index.html
と、DAIJITO&ホセによる初の合同コンサートです。
日本国内の方でしたら、ボリビアよりずっと近いので、
ご都合よろしければ、ぜひご来場ください!


[555] 第7回川越フォルクローレコンサート 投稿者: 投稿日:2005/10/20(Thu) 16:32  

石野さん、無事帰国なによりです。コンサートのご案内をさせて頂きます。


日時 平成17年10月30日〔日〕開場12時30分 開演13時

開場 大東南公民館  西武新宿線南大塚駅南口下車 徒歩3分

出演 ゲスト出演   ミスティ
           パルワイ〔踊り〕、ペーニャパラーダ
           川越オカリーナの会

   参加グループ  リオ・アンディーノ  川越
           シエラ・ベルデ    狭山
           ロス・ボラーチョス  杉並
           下町ケーナの会    下町

     出演人数総勢約50名の、ミニミニコスキンになりそうです。
    勿論、コンサート終了後は近くのやきとりや貸切で、反省会と称して大宴会の予    定です。興味のある方、是非いらしてください。
    宴会のみ参加も歓迎いたします。



[554] ボリビア小ネタ情報第3弾 投稿者: 投稿日:2005/10/20(Thu) 15:01  

レコードをCD-Rに焼いてくれるお店
オルーロ滞在中に知った古いレコードをCD-Rに焼き直してくれるお店の情報です。
店名:BAZAR COLONIA
住所:Av.Pagador 6120
値段 レコード1枚につき80Bs カセット1本につき50Bs
所蔵枚数 800枚くらい?

なおコチャバンバにも1軒こういうお店があるようで、現在ボリビア滞在中のN田さんから情報をいただきました。こちらの方が数・値段ともに良いので、探しているアルバムがありましたら、是非行ってみてください。

店名:MEGA STEREO
住所:Av.San Martin 1043
電話:oficina:4252426
domicillo:4491923/4491139
値段:CD1枚につき25Bs(仮に2枚のレコードでもCD1枚に収まれば25Bs)。
所蔵枚数2万枚くらい?
特徴:おばちゃんが所蔵しているレコードを全部暗記していて、名前を言うとすぐに出してくれる。

どちらのお店も頼んだ翌日には受け取ることができるようです。
なかなかうまい商売を考えた物です。ボリビアだから成り立つのでしょうけど。

あとラパスの町で日本の映画やアニメのDVDがよく売られています(もちろん海賊版)。
おどろいたのはその伝達の早さです。つい数ヶ月前に日本で上映されたばかりの邦画なんかもあったりします。吹き替え版でなく日本語のままでスペイン語の字幕がついているのでスペイン語の学習にも使えそうです。


[553] 地震 投稿者: 投稿日:2005/10/19(Wed) 23:05  

最近地震が多いですね。近々大きいのが来そうで怖いです。
1ヶ月延ばしていたヒゲを今日剃りました。すっかり日本人顔に戻ってしまいました。


[552] カップラーメン 投稿者: 投稿日:2005/10/18(Tue) 16:00  

ここ数日ずっと雨ですね。気候の変化についていけず、風邪をひいてしまいました。
久しぶりに演奏広場のコーナーを更新。12月の予定とかを記入してると1年があっという間だとしみじみ思ってしまいます。

ボリビア小ネタ第2弾 ボリビアのカップラーメン
ラパスのスーパーで日清のカップヌードルを買うことができます。でも味付けは日本と違っていて、メキシカン味だったりチリ・ペッパー味だったりとボリビア人向けになっています。味はまずまずでした。値段は1つ100円くらいですが、ボリビアの物価からすると割高で、ふつうにレストランで食事をしたほうが安いです。
私が泊まっていたホテルがあったヤナコチャ通りに韓国の食料品を輸入している店がありました。そこで韓国製のうどんのカップラーメンが置いてありました。ひらがなで「うどん」と書いてあるのにつられてつい買ってしまいました。写真↓
http://photos.yahoo.co.jp/bc/dic_shiryoukan/vwp?.dir=/Ishino&.src=ph&.dnm=PA080032.jpg&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/bc/dic_shiryoukan/lst%3f%26.dir=/Ishino%26.src=ph%26.view=t
味は日本でたべるインスタントうどんとほとんど同じでなかなか美味しかったです。ボリビア滞在中にうどんが食べたくなったら是非どうぞ。


[551] 時差ぼけと天然ボケ 投稿者:ハッチャパパ 投稿日:2005/10/15(Sat) 04:07  

私は、ソンブレロをクスコに1個、キトに1個、置き忘れてきました。どちらもバスの中で帽子を脱いだのに降りるときに暗くて気がつきませんでした。
私も帰国にまつわるすごいボケ話があるのですが、ここで書くのは面白すぎるのでやめときます。


[550] 気象は異常になってきています。 投稿者:yodito 投稿日:2005/10/14(Fri) 22:05  

 無事に帰国でよかったです。先に帰国した中山氏も言ってましたが、
日本でも10月でこの気温は異常です。やはり地球温暖化の影響が出て
きはじめてるのかもしれません。メキシコ湾の海水温が0.5度上がると
数十億トンの水蒸気が発生し、ハリケーンの前線が発達するそうです。
CO2対策がもたついているうちに、かなりの都市が水没してしまう
のかもしれません。


[549] 映画情報 投稿者:ようこ 投稿日:2005/10/14(Fri) 18:36  

管理人様、お帰りなさいませ。
本当に色々と大変でしたね。今はとにかく体を休めて下さいね。

明日より渋谷のシネアミューズで、コロンビアから麻薬を胃に隠して密輸する
女性を採りあげたドキュメンタリー映画、「そして、ひと粒のひかり」
が上映されます。
http://www.cineamuse.co.jp/cinema/index.php?cinema_id=133
最近は南米を舞台にした映画が上映されて嬉しいですね。(^^)


[548] 時差ぼけ真っ最中です。 投稿者: 投稿日:2005/10/14(Fri) 15:22  

やりたいこと、やらなければならないことがたくさんありすぎて、何から手をつけてよいか分からない状態です。ところで10月ってこんなに暑かったでしたっけ?

さて、これから数日間にわけてボリビア生活で学んだ生活の知恵などをご紹介していきたいと思います。
テアトロ・ムニシパルの裏技
テアトロ・ムニシパルでのコンサートを安く済ませる裏技があります。ただしこれは人気のないコンサートの場合に限られます。
テアトロムニシパルは、座る席によって、値段が違っていて、1階席(プラテア)が一番高く、3階席(アンフィテアトロ)、4階席(ガレリア)と少しずつ安くなります。2階席は貴賓席のようなボックスで一般の人は入れません。
アンフィテアトロやガレリアのチケットを買っていても、入場者が少ないとみなされた時にはそこは閉鎖されてプラテアに振替になり、その分の差額は払わなくても済みます。
つまり安い入場料でプラテアでコンサートを聞くことができるわけです。例えば先週あったフシオンのコンサートの時は3日とも人が少なかったので、私はアンフィテアトロのチケットでプラテアで干渉できました。この裏技を知らない観光客はまじめにプラテアのチケットを買って入っているので、損をしていることになります。といっても5Bs(75円)くらいの差でしか無いのですけど、知っておくとちょっと得する裏技です。


[547] おかえりなさいです 投稿者:KENCITO 投稿日:2005/10/14(Fri) 01:33  

最近、中南米→カナダ(トロント)乗り継ぎが間に合わず足止めをくらい、1日出勤を潰したばかりのKENCITOです。。。

なにはともあれ、無事にご帰国されてよかったです!!
お疲れさまでした。









[546] お帰りなさい!その2 投稿者: 投稿日:2005/10/14(Fri) 01:14  

飛行機遅れは大変ですね。私も初めての海外旅行(メキシコ)で、ロサンゼルスまでの便が1時間以上遅れて、乗り継ぎ時間がなくなってしまったことがあります。乗り継ぎカウンターでチケットを見せたら係員が超特急で案内してくれて、ぎりぎりでメキシコ行きの便に間に合ったのですが、間に合ったのは私の体だけで、預けた荷物は間に合わなかった。荷物は翌日の便でやってきたのですが、なにしろ初めての海外旅行だし、当時はスペイン語が全然しゃべれなかったから、大変でした・・・・・。

また、是非練習しましょう!!!


[545] おかえりなさいまし 投稿者:いとう 投稿日:2005/10/13(Thu) 23:56  

色々とあったようですが、無事に日本に着けたようで、おかえりなさいまし。
また今度会った時にでも、一杯飲みながらゆっくりとお話を聞かせていただきたいところですが、このところは家庭事情からなかなか宴会を許されぬところがありまして、難しいかな。

何れにせよ、近いうちにまた練習再開いたしましょうね。



[544] 帰国奮戦記 投稿者: 投稿日:2005/10/13(Thu) 19:01  

1日遅れたわけを書きました。なんかいろいろ書きたくて長くなってしまいました。
http://ar.geocities.com/dic_norte/2005/kikoku.html

ハッチャパパさん>
帰国は予想通りというか、それ以上の展開となってしまいました。いきあたりばったりも楽じゃないですね。
DHLは高いですね。ボリビアからなら郵便局から送るのが一番良いでしょう。以前ボリビアからヴァリグのカーゴで日本にスーツケース一つを送ったことがありましたが、めちゃくちゃ高かったわりには、中の物がなくなっていたり、成田で没収されたりで悪いことばかりでした。ペルーから出した絵はがきも全部届かなかったりしました。それを考えるとボリビアの郵便事情はわりと優秀だと思います。


[543] お疲れさんでした。 投稿者:ハッチャパパ 投稿日:2005/10/13(Thu) 10:33  

一日遅れての到着ですね。
なにはともあれ、ご無事?でなによりです。
私はクスコから送ったDHLの荷物がおととい到着しましたが、ラパスで買った楽器ケースの錠が見事に?破壊されていました。内容物のチャックもめっちゃ厳しいし、料金も高いし、ぜんぜん早く着かないし、、、もうこれからは国際宅急便はやめようと思いました。


[542] 帰国しました。 投稿者: 投稿日:2005/10/12(Wed) 18:38  

予定より1日遅れで本日午後6時に帰国しました。まるで運命が私の帰国を阻むかのように次から次へとトラブルを呼んで、一時は本当に帰国を断念しようかと覚悟したほどです。
顛末は後に詳しく書きたいと思います。とりあえず帰国のご報告まで。


Junさん>
彼らが日本代表ですか。すごいですね。そういえば代表審査って再開されたんですね。コスキン参加の皆様お疲れさまでした。

三瓶さん>
はじめまして。私がこのジャンルの音楽を知ってまだ20年そこそこですから、大先輩ですね。当時のことは「中南米音楽」のバックナンバーを後から読んだ程度のことしかわかりませんので、いろいろご教授ください。


[541] はじめまして 投稿者: 投稿日:2005/10/11(Tue) 22:46  

はじめまして。私は還暦をとっくに過ぎたフォルクローレファン(ただし聴くだけ)です。TAKE・OFFのHPからたどり着き書き込みさせていただきます。
フォルクローレにはまるようになったきっかけは、45年ほど前に学生の頃古本屋の店先で売られていた中古レコードのなかに「パラグアイの夜」「アルゼンチンの印象」というのがあり何気なく買ってきて聴いたらあまりに美しく素晴らしいのに驚いたことからはじまっています。同じ頃ラジオでデイグノ・ガルシアの自作自演の「カスカーダ」を聴き(勿論当時は何も知りませんでした)これにいたく感動し、色々調べてトリオ・ロス・パラグアヨスの演奏ということが分かりもっと聴きたくて米国にレコードを発注して届いたレコードに針を落とした時の感激は今も忘れられません。
その後1960年代から70年代初頭にかけ一時フォルクローレブームが起こりそのころコレクションした音盤が中心で最近のものはあまり聴くことがありません。
当時来日した演奏者ではユパンキ、ファルー、キ・ジャ・ウワシ、ウニャ・ラモス、パントーハ、デイグノ・ガルシアをホールやライブハウスで聴けたのは幸運でした。
最近までは今は無くなってしまった新宿の「エル・パテイオ」でルシアさんのライブを中心に聴いています。
アルパで言えば昔の演奏に比べると現在のパラグアイのアルパ奏者は技巧に走りすぎ曲本来の良さが伝わってこないように思えます。
ということで私の中では70年代でフォルクローレの演奏はストップしておりもう少し現在の演奏も聴いてみなければと反省しています。皆様から色々教えていただければと思っています。よろしくお願いいたします。
なお、きわめて私的なHPですがそのなかにフォルクローレについて適当な事を載せていますので忌憚のない感想や批評をいただければ幸いです。

http://hw001.gate01.com/sanpei/home.htm

http://hw001.gate01.com/sanpei/home.htm


[540] コスキン日本代表は 投稿者: 投稿日:2005/10/10(Mon) 05:47  

石野さん。おっしゃるとおり日本ではコスキン真っ最中で、昨晩は日本代表の審査会がありました。家内と悟の応援に行きましたがアルゼンチン行きの認定グループは「トダラビーダ」です。
5人それぞれの楽器演奏に実力と実績があり、しかも全員の息がぴったり合っていてすばらしかったのですが、それに加えて、切々と訴えかける歌が感動的でした。文句なしの受賞です。
マイアミ経由でしょうか、気をつけてお帰りください。


[539] ラパス最後の日 投稿者:Ishino 投稿日:2005/10/10(Mon) 00:40  

といってもラパスがなくなるわけではないです。
今頃日本ではコスキン・エン・ハポンの最中なのでしょうね。
最近町にチェ・ゲバラのポスターやら肖像やらが見受けられるので、なんでだろうと思っていたのですが、昨日(8日)はチェ・ゲバラが亡くなった日だったんですね。没後38年だとか。
夜にパハ・ブラーバのコンサートに行こうとして、開演ぎりぎりに会場のカサ・デ・ラ・クルトゥーラに行きましたら、全席完売でチケットを買うことができませんでした。そんなに人気があるとは知らず、パハ・ブラーバを甘く見ていました。しかたないので、テアトロ・ムニシパルのフシオンに3日連続でいきました。リフチャリィは割と好きなので楽しめましたが、2部のMeditacion Surは聴いていて非常に退屈で、トイレ(大)に行きたくなってしまったので、途中で出てきてしまいました。
最終日に消化不良なのはいやなので、そのあとペーニャ・ペニータにいきましたが、普段は土曜日もペーニャをやってるはずなのに、なぜかこの日に限って休みでした。しかたなく、昨日行ったパチャママに2日連続で行きました。前日は一人でチュフライやカクテルを飲みすぎて、へべれけになってしまい、お店の人に迷惑&心配をかけてしまったので、また行くのは恥ずかしかったのです。店の人も顔を覚えていました。相変わらずというか、前日よりさらに客はすくなかったです。出演はILLAMPUというグループひとつだけでした。あまり上手ではなかったですが、そこそこ楽しめました。この日はチャージすら取られず、本当にこんな経営状態でやっていけるのだろうかと他人ごとながら、心配してしまいました。よくまあこれで1年以上つづけてこれたと不思議に思います。たぶんもうじきこのお店は消えてしまうでしょう。
1ステージしか演奏がなく、1時に終わってしまったので、1ブロック上にあるペーニャ、プエルタ・デル・ソルにはしごをしました。そこではメスティーソというグループとフルトゥロ・デ・ロス・アンデスというグループがでていました。ちょうど2ステージ目の前だったので、どちらも見ることができましたが、演奏する曲はどのグループもほとんど同じようなもので、変わり映えのしないステージでした。4時まで聞いてホテルに戻りました。

恐るべきコカの威力
前日飲みすぎたので、この日はあまり飲まないようにして、コカの葉ばかり噛んでいたら、覚醒作用が強すぎて、夜一睡もできませんでした。今日は徹夜です。お酒を飲みながらなら覚醒作用が抑えられるみたいです。

インティ・ボリビア続報
たった今サウルに会ってきました。奥さんと1歳になったレオナルドちゃんと一緒でした。今日話していて、新たにわかって驚いたのは、サウルの誕生日が私とほとんど同じだということです。私は1969年2月11日生まれなのですが、サウルは同年の2月15日だそうで、私のほうが4日年上だと知ってびっくりしました。見た目ではサウルのほうが3歳くらい年上に見えるんですけど・・・・。
インティ・ボリビアについて話をしていて、レコードをレコーディングしたとき、本当は10曲録音したのだけど、レコードの尺の都合上9曲しか収録できなかったという裏話を聞きました。そしてなんと、今度復刻されるCDにはその幻の10曲目が収録されているということです。これはすごい期待できます。実はそのCDはすでにできていて、今手元にあります。サウルにこのアルバムとソロ・アルバムを日本で売って欲しいと頼まれて、とりあえず30枚ずつ買うことにしました。ソロ・アルバムのほうは、ジャケットはできていてディスクは来週完成、インティ・ボリビアの方はディスクはできていて、ジャケットが来週完成するということなので、完成しだい送ってくれることになっています。とりあえず完成しているインティ・ボリビアのディスク30枚を今日受け取りました。幻の10曲目はサウルの歌うクエッカの曲です。ふふふ。
来週の完成分が届き次第、サウルのホームページ上で販売したいと思いますのでお楽しみに。もちさんはもちろん、他の方も是非この機会に入手してください。2枚1組で3500円で販売予定です。

インティ・ボリビアのアルバムについてはこちらもご覧ください。
http://www.musica-andina.jp/~saulcallejas/cd/disco05_es.html

今晩10時の飛行機でラパスからリマに行き、そのあと1時発のアメリカンに乗り換えるのですが、リマ着の予定時間が23時で、リマ発の時間との間がちょうど2時間しかありません。もしリマ着が遅れたり、入国審査や荷物の受け取りで時間がかかってしまったら、アメリカンに乗り遅れるかもしれません。心配なので一応アメリカンのオフィスに行って確認したら「大丈夫だよ」といわれたのですが、いったい何を根拠に大丈夫だというのかよくわかりません。まあなるようにしかならないので深く考えないようにします。


[538] やっぱ帰るのやーめた 投稿者:Ishino 投稿日:2005/10/09(Sun) 03:55  

と、言いたくなる気持ちでいっぱいです。ボリビア滞在も残すところ今日と明日だけになりました。
ラパスは今週に入ってから毎日雨が降っています。いろいろ買い物をして荷物が増えたので先日郵便局に行ってチャランゴ3台を郵送しました。12キロで90ドルかかりました。1台あたり30ドルです。床屋にも行って髪をさっぱり切りました。生え際だけが日焼けしていない状態になってしまいました。

事前の情報と違ってパハ・ブラーバのコンサートは8日だけだったので、昨夜はまたテアトロにフシオンのコンサートを聴きに行きました。1部で演奏したボリビアン・ジャズは自分の好みとは違うので、いままでほとんど聞いたことなかったので、良い機会でした。ビエントスが女性というのが珍しかったです。でもすごく上手でした。女性であれだけケーナとサンポーニャが上手な人は初めてみたかもしれません。2部はアンデスルで、人気はこちらのほうが高いようです。でも相変わらず観客の入りは半分以下でした。ケーナはオスカル・コルドバでしたが、だいぶ腕が落ちていました。もう一人サンポーニャを吹いていた人は、エディ・リマのお店にいる人でした。こちらも音量不足で、演奏に迫力を感じられなかったのが残念です。
この日はパルナソでサビア・アンディーナが出るということでしたが、高いし人も多いだろうと思って、前から気になっていたパチャママというペーニャに初めていきました。場所はサガルナガを登ってイリャンプ通りに入ったところにあります。最近できたペーニャかと思って、店員に聞いたら、2004年の2月からあるといわれました。前回のボリビア滞在中からあったことになるのですが、全然気づきませんでした。ここは穴場なのか入場料もドリンクも他よりずっと値段が安いし、広いわりにお客さんは少な目だし、音量も多少は抑えているので、じっくり演奏も聴けるして、とても気に入りました。
この日はコチャバンバのMAYASというカルカスの物まねの上手なグループとMARAというグループが出ました。MAYASは歌だけでなく、メインボーカルの人の顔までがエルメールそっくりなのに笑ってしまいました。「おまえはエルメールの20歳のときの隠し子か!」と突っ込みたくなるほど、髪形から鼻の形まで若いころのエルメールそっくりで、他のメンバーも全員20代前半で、初来日した時のカルカスを見ているようでした。歌の合間の掛け声まで、カルカスのビデオとまったく同じでした。しかしただの物まねグループというわけでなく、実力もなかなかのもので、こういう若い人がどんどんでてくれば、ボリビアのフォルクローレの未来もまだまだ期待できます。MARAのほうはCDが気に入っていて、以前プエルタ・デル・ソルでの演奏をみていたのですが、今回の方がずっと良かったです。新たにメインボーカルが加わって、サビアンの曲をたくさんカバーしてました。できたらグループのオリジナル曲をたくさんやってほしいのですが、どうしてもペーニャだとお客さんの知っている曲が中心になってしまうので、どのグループもモレナーダやクジャグァーダなど似たような選曲になってしまうのが残念です。最近はチョリータ・マリーナという曲がはやっていて、今回の滞在中にペーニャでもエントラーダでもビデオでも良く聴きました。いろんなグループのCDに入っているのでどのグループのがオリジナルなのかわかりません。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso