DIC談話室
[談話室入口] [使用説明] [語句検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
暗証キー (記事メンテ用)

[1320] 贅沢なひと時 投稿者: 投稿日:2009/09/22(Tue) 00:49  

カブールさんは明日芦屋でコンサートのため、今日はダイジート氏の家に来ているとのことで、ずうずうしくも遊びに行ってきました。明日の演奏曲を練習しているところを見せてもらえたのですが、軽く流して弾いているはずなのに、すごい迫力でした。プライベートコンサートをしてもらっているようでした。カブールさんが、忠犬ハチ公の曲を作ったと言って、弾き方を教えてもらいました。なんて贅沢なんでしょう。夢のようなひと時でした。

あと、今日確認したところ、23日のカブールさんのライブはビデオ撮影オッケーだそうです。

>yoditoさん
今回のコンクールはホームページやチラシでかなり宣伝して、出場者を募集していたにもかかわらず、5人だけというのは、まだフォルクローレでのコンクール形式に抵抗を持っている人が多いのかなと思いました。このスタイル(コンクール形式のイベント)が少しずつ浸透していけば、参加者も増えて盛り上がっていくのではないかと思います。


[1319] そうなっても言わないほうがカッコいいよ 投稿者:yodito 投稿日:2009/09/21(Mon) 06:29  

 日本のフォルクローレって、あまりコンクールとか
オーディションとかいう厳しい場がなかったので
レベル向上には良い流れだと思います。

 一方でみんなで和気あいあいとできる場も続いて
欲しいですね。先日の信州のように、知らぬ間に
ボリビア人のひとも多く住みついているようで、
層の厚みは増しているようです。


[1318] チャランゴ・リサイタルやります 投稿者: 投稿日:2009/09/20(Sun) 22:52  

言ってみてぇ〜〜〜〜っ!! って、すみません、もうやめます。

先日お知らせしました、ルセリート・ライブのちらしができましたので、宣伝をしたいと思います。

私が参加しているルセリートというグループが今年4月に続き、2回目のライブを行うことがきまりました。場所はご存じの方も多いと思いますが、信濃町のペルー料理レストランのティア・スサナです。

日時:2009年10月17日(土)19:00開演予定(18:30までにお越しください)。
会場:ペルー料理レストラン・スポーツカフェ ティアスサナ
料金;ノーチャージ(レストランですので、ドリンクやフードを注文してください)。
住所:新宿区信濃町8-11 坂田ビルB1F
アクセス:中央・総武線信濃町より徒歩5分、丸の内線四谷三丁目(出口1)より徒歩7分。
予約先:ティアスサナ TEL&FAX(03)3226-8511 江頭(えとう)まで
    E-mail;tiasusana@ny.ciao.jp
blog:http://blog.tiasusana.ciao.jp

ちらし画像
http://shitamachi-quena.hp.infoseek.co.jp/lucerito/20091017.jpg

開場時間は特に定めていませんが、お店の要望で、オーダーが集中してしまうと対応しきれなくなってしまうので、できるだけ早めに来ていただいて、先に注文をしてくださいとのことです。時間に余裕のある方はご協力おねがいします。

4月のライブは予約ですぐに満席になってしまいましたが、今回は広いスペースですので、席に余裕があるでしょう。


[1317] 4億5千万円あたりました。 投稿者: 投稿日:2009/09/20(Sun) 19:44  

言ってみてぇ〜〜〜〜っ!!
実際当たったら言えるわけないですよねー。そもそもtotoや宝くじ買うほど懐に余裕なんてないですからねー。

さて、昨日のコンクールについて補足です。第2位は富山在住のボリビア人レネ・ロペスさんでした。たしかに舞台パフォーマンスで一番観客を喜ばせましたし、チャランゴの演奏自体も上手でしたが、正直なところ入賞するとは思っていなかったのでダークホースといった感じです。審査員も見解が分かれて、おもしろいことに南米出身の二人の審査員は90点台の高得点をつけ、日本人審査員は70点台とみごとに意見がわかれました。第3位はベテランのチャランゴ奏者の曽根正裕さん。20年ほど演奏活動を休止されていたということで、私は存じ上げなかったのですが、マウロ・ヌニェスやカブールさんの奏法を見事にマスターしていました。4位はチャランゴ新世代にも出演された菅野智文くん。自由曲が終わった段階では彼が優勝するのではないかと思っていたのですが、課題曲で緊張の波に襲われたのか演奏が乱れてしまったのが残念でした。


[1316] チャランゴコンクール優勝しました。 投稿者: 投稿日:2009/09/19(Sat) 20:18  

言ってみてぇ〜〜〜〜っ。
私が出てたら間違いなく最下位だったでしょうね。出なくて良かった。レベル高かったです。出演者はかなり緊張したでしょうね。ただでさえホールでソロで弾く機会なんてそんなにないでしょうし、カブールさん以下そうそうたる審査員の方がいて、目の前で写真を撮ってるカメラマン。緊張しないわけにはいかないでしょう。いかに普段通りの演奏ができるかが鍵でしょう。

コンクールには応募総数5名の中から厳選なテープ審査で絞られた5人が出場して、演奏する順番も公平にくじで決められました。
まずそれぞれ自由曲を演奏し、そのあと課題曲(ボリビアのフォルクローレ)の演奏でした。通常コンクールだと課題曲が先のような気がするのですが、逆でした。
優勝したのは今年のチャランゴの集いで初めてお会いして、そのあとこの談話室にも書き込みしていただいたことのある静岡の渡辺康平さんです。おめでとうございます。今日の出場者の中では一番ボリビアの雰囲気がでていると思いました。それだけでなく、曲に魂を込めて弾いているのが伝わってきました。おそらくそれが審査されている方にも伝わったから優勝となったのでしょう。
コンクールのあとは、カブール氏のソロ演奏をたっぷり1時間以上堪能できました。演奏もさることながら、サービス精神旺盛で、やんちゃなところもあり、ユーモアたっぷりのおしゃべりと、通訳の方との掛け合いも楽しく、場内は笑いの渦につつまれてました。前回来日の時よりずいぶんご機嫌も良いように感じました。前回は全国ツアーでそうとう疲れていたのでしょう。カブール氏の演奏を聴いて感じたことは、とてもここで書ききれるものではありません。というわけで、是非みなさんも、来週聴きに行ってください。予約は若干増えているそうです。


[1315] 意外にも・・・・? 投稿者: 投稿日:2009/09/17(Thu) 17:13  

カブールさんのライブの予約状況ですが、連休の中日ということが影響してか、まだまだ席がたくさん空いているようです。予約が殺到してもう満員かと思っていたので、すごく意外です。カブールさんメインのこれだけの濃い内容のコンサートは現地ボリビアでもまずお目にかかれません。これを逃したら一生後悔すると言っても過言ではありませんので、迷われている方はぜひご予約を!

ダイジートさんからのメールを転載します。
--
いよいよ来週開催されるエルネスト・カブール氏の特別ライブ、関西・東京の両会場ともまだまだお席に十分余裕があります!当日でもOKですが、立ち見を避けるにもなるべくご予約お願いいたします。プログラムは全20曲、休憩入れてたっぷり2時間の贅沢な構成です。すでに来日中のマエストロの気合いもばっちり、この機会をお見逃しなく!

(関西公演)
日時;2009年9月22日(火)、14:30開場、15:00開演。
会場;「集・空・間TIO」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tio-magicalbooster/index.html
出演;エルネスト・カブール(チャランゴ)、福田大治(ギター)、岡田浩安(ケーナ・サンポーニャ)。
料金;\4000(全席自由)
主催・ご予約先;オフィス・インティ(090-5153-0009(近藤)、kondo@tantanakuy.com)

(東京公演)
日時;2009年9月23日(水)、15:30開場、16:00開演。
会場;「キューバンカフェ」
http://www.geocities.jp/cubancafe2005/
出演;エルネスト・カブール(チャランゴ)、福田大治(ギター)、岡田浩安(ケーナ・サンポーニャ)。
料金;\4500(ワンドリンク込、全席自由)
ご予約先;キューバンカフェ(03-5148-5001)



[1314] カブール氏来日 投稿者: 投稿日:2009/09/16(Wed) 22:56  

いよいよ、今週末にチャランゴコンクールがありますが、それと来週のコンサートのために、カブール氏がさきほど到着したとのことです。
22日23日のプログラムの原稿が手元にありますが、ここだけの話、期待大です。ハイラス系の曲もたくさんあります。


[1313] パエリヤ食べました。 投稿者: 投稿日:2009/09/11(Fri) 17:47  

なんとかカフェ・デ・アリの売上を伸ばそうと思い、昨日は職場の人を4人引き連れて行ってきました。会計のときにさりげなく、「このお店やめちゃうんですか?」と尋ねたら、そんなことはないと言われました。でもなんとなくとぼけて答えていた感じもするので、実際のところはどっちだか判断がつきません。まあしばらくは大丈夫そうかな?でも私たちのグループの他に、お客さんが2組4人しか来なかったから、かなり心配です。パエリヤはやっぱりおいしかったです。


[1312] 休暇をもらって 投稿者: 投稿日:2009/09/09(Wed) 21:55  

有給休暇がたまって、使わないとなくなってしまうので、もったいないので、休みをとりました。1日チャランゴの練習をしたので疲れました。演奏って仕事するよりも疲れるんですねー。


[1311] カブールのチケットゲット 投稿者: 投稿日:2009/09/08(Tue) 17:33  

9/19のチャランゴ・コンクールのチケットが届きました。これって自由席なんですね。当日早くいけば良い席に座ることができるかもしれません。
まだチケットを購入していない方は、当日券でもかまいませんが、15日まででしたら前売り購入可能ですので、お急ぎください。

http://cclajapon.googlepages.com/ernestocavourconcertintokyo


[1310] 野外では 投稿者: 投稿日:2009/09/07(Mon) 23:43  

yoditoさん>
今まで音響に頼りすぎていたというのが露呈してしまったような演奏でした。一応、爪弾きが多い曲は控えて、にぎやかなものばかりにしたのですが、力が及びませんでした。
今になって思い出したのですが、昔買って全然使っていないチャランゴ用のミニアンプを使ってみればよかったかも。来年はそれでやってみましょう。



[1309] 自然の中での音楽 投稿者:yodito 投稿日:2009/09/07(Mon) 20:43  

 クリオージャの音楽はやはりペーニャやステージ等屋内で
発展してきたものでしょう。
 
 タルカや鉄弦、女声の超高音など一見やかましく聞こえるアウトクトナ音楽は自然のなかではちょうどよかったりします。

 選曲も場によって変えるべきなんでしょうね。



[1308] 自然の力 投稿者: 投稿日:2009/09/06(Sun) 22:45  

今日はキラウィルカのメンバーのいとうさんの地元の地域密着イベントで演奏してきました。去年も9月7日に行ってきた同じイベントですが、第1回の去年よりも出し物が増えてにぎやかになってました。演奏のほうは林さんと3人編成で演奏したのですが、屋外での生音ということで、とてもアウェイな環境で苦労しました。人間は自然の前ではこんなにも無力なんですね。なんて。

昔の自分のチャランゴソロの演奏のビデオを見返していたら、またソロを弾きたくなってきたので、昔覚えた曲を少しずつ思い出しながら弾いています。「深いい話」で「自分を励ましてくれるのは過去の自分だけ」ということを武田鉄矢が言っていたと紹介されていましたがまさにそんな感じです。来月の2本のライブではそれぞれチャランゴ・ソロ的な曲を入れてみる予定です。


[1307] スペインバル 投稿者: 投稿日:2009/09/04(Fri) 23:26  

下町ケーナの練習の帰りに、以前こちらでも書いたことのある御徒町公園近くのスペイン料理屋「ロンダ」の前を通ったのですが、なんと店じまいで、来週からは居酒屋としてリニューアルオープンするとのこと。いつも前を通るたびに結構お客さんが入っていたのを見ていたから、繁盛してると思っていたのでびっくりです。やはりひと時スペインバルがはやってたくさんオープンしたものの、はやりすたりで淘汰されてしまうんですね。とりあえず1度行っておいてよかったです


[1306] こんばんはです 投稿者: 投稿日:2009/09/02(Wed) 21:46  

YOSHIOさん>
様づけはやめてください。恥ずかしいです。カフェ・デ・アリは昨日お店の前を通った時にはまだありました。今ボリビアにいるダイジートさんが帰国しましたらぜひ3人で行きましょう。
それにしましても、川俣から演奏を依頼されるなんてすごい快挙ですね。私のほうはさすがに出場はしないですが、いつかまた機会があれば行きたいと思います。


[1305] ちょっとご無沙汰しております 投稿者: 投稿日:2009/09/01(Tue) 23:41  

Ishino様、その後カフェ・デ・アリにもお誘いできておらず申し訳ございません。(もうないでしょうか?)
荻窪で拝見して以来、演奏者としてのIshino様にも注目しなければと思っております。
お互い忙しく演奏できるとよいですね。Ishino様のコンサート日程のご案内お待ち申し上げております。

さて、私どもTAKUYA&YOSHIOのほうは、今週土曜日に川俣町で演奏することとなりましたので、万が一気が向かれる方のご来場をお待ち申し上げております。17:00ごろからです。(詳細はリンク先をご覧ください)

また審査会に参加しますが、Ishino様はコスキンに出場されますか?

http://yoshioquena.cocolog-nifty.com/yoshio/2009/07/95-db15.html


[1304] 忙しくなりそうです。 投稿者: 投稿日:2009/08/29(Sat) 23:18  

偶然にも、私が所属しているキラ・ウィルカとルセリートという2つのグループが、10月に立て続けにライブをすることになりました。ルセリートのライブは4月以来ですが、キラ・ウィルカの方は単独ライブは4,5年ぶりではないかと思います。それがよりによって2週連続でライブになるとは、なんということでしょうか。
詳細はまた追ってお知らせいたします。


[1303] winay 投稿者: 投稿日:2009/08/27(Thu) 07:41  

9月20日(日) 武蔵境のスイングホールでコンサートを開催いたしま

今回はwinayオリジナルメンバーのみのコンサートになります・

今回は「皆さんからのリクエストランキング」を織り込みながらのプログラム構成です。

リクエストをどんどんお寄せ下さい

http://www.geocities.jp/winay30jp/


[1302] 参加グループ 投稿者: 投稿日:2009/08/27(Thu) 00:18  

鹿教湯で演奏したグループはだいたい例年どおりでしたが、グルーポ・ハボが参加できなかったのは残念でした。
面白い演奏だったのはLiuさんのコンセルティーナの独奏。本当に多才だなあと思います。さすがだったのはカルルナスです。今回はフルメンバーでの参加で、カルカスの曲をたくさん演奏して、ボリビア人の大喝采を浴びてました。最後に「ボリビア!」のコールがおこって、別の曲を用意していたのに、結局ボリビアをやることになってしまってました。


[1301] 軌跡 投稿者: 投稿日:2009/08/24(Mon) 21:27  

昨日午前中2時間ほど河原にいただけなのですが、結構日焼けしていまた。今日も1日暑かったですね。秋はまだ遠しです。

鹿教湯でのキラ・ウィルカの演奏はさっそくRYOさんがYOUTUBEにアップされています。相変わらず仕事が早いです。

ようこさん>
スープは値段がちょっと高かったので食べませんでしたけど、エンパナーダはおいしかったです。

動画コーナーを修正して、私が参加したグループごとにわけてみました。チャランゴ・ソロの演奏の動画もたくさん追加しました。自分が演奏してきた軌跡を再確認できていいかも。
http://www26.tok2.com/home2/folkcion/wanda/


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso