DIC談話室
[談話室入口] [使用説明] [語句検索] [過去ログ] [管理用]
書き込み禁止です。

[733] FIESTA BAILABLE vol. 2 投稿者:110 投稿日:2006/03/19(Sun) 01:04  

Ishinoさん、ご無沙汰してます。
演奏広場にも書かせていただいてますが、もう一度紹介させてください。
ラパスにはフォルクローレのディスコがいっぱいあって、感激しましたが、
そういうところを日本にも作りたいと思ってます。

フォルクローレ・ダンスパーティー のお知らせです。
ボリビアのフォルクローレ音楽に身体を任せて楽しく踊りましょう!
簡単なステップ練習やショータイムもありますので、
初めてでもお気軽にご参加ください。

日時: 2006年3月25日(土)18:30スタート
会場: ティアラこうとう B1・会議室A (江東区住吉2−28−36)
     都営新宿線/東京メトロ半蔵門線「住吉」駅下車 徒歩5分
     地図 http://homepage2.nifty.com/tiarakoto/access.html
料金: 予約1500円、 当日2000円 (1ドリンク付き)
     ご予約は3月24日18:00までにお願いします。
お問合せ・ご予約: セノビア・ママニ
     tel 080−3396−4732
     e-mail atsugym@yahoo.es

http://zenobia.littlestar.jp/


[732] チリVSボリビア再び 投稿者:Motoko 投稿日:2006/03/17(Fri) 11:24  

先週チリ史上初の女性大統領が就任しましたが、ボリビアからもエボ・モラレス大統領が就任式に参加しました(もちろんノーネクタイ!)。次の日一部の新聞を飾ったのが、モラレス大統領がチリ・バチェレ大統領にチャランゴを贈っている写真。この間U2が来たときに、前ラゴス大統領がU2メンバーにチャランゴを贈ったところ、ボリビア側から大変なクレームが来た事件を踏まえてのパフォーマンスでした。ボリビア曰く「チャランゴはボリビアの文化遺産である。したがってチリがチリの文化遺産として用いるべきではない」。というわけで、その後、「チャランゴの日」なるものを制定し、アイキレでは通りや広場の名前もチャランゴ関連に変更するらしいです。最初に登録したもの勝ち作戦でしょうか。(似たような事件はチリ・ペルー間の「ピスコはどっちのもの?」にもありました。)
なんだか政治的な争いに巻き込まれたチャランゴがかわいそうです。確かにチャランゴはボリビアの音楽には欠かせないものですが、チリの北部の音楽にだって用いられているのに・・・・国としての国境は必ずしも音楽や文化の境目とは一致しないのに、無理やり国境を設けるようで、とても残念だと思います。やっぱりボリビアはチリが嫌いなんでしょうね。


[731] ビエントスの年齢 投稿者: 投稿日:2006/03/15(Wed) 23:59  

今日は満月でした?すごく明るくて綺麗でしたね。

yoditoさん>
たしかにサンポーニャは体力勝負なところがありますが、まだまだ引退には早すぎると思います。他に理由があるのでしょうか。続報をお待ちしてます。


[730] 未確認情報なので 投稿者:yodito 投稿日:2006/03/13(Mon) 11:19  

 まだはっきりとはわかりませんが、息子さんにあとを譲るとか
でもサンポーニャ吹きって何歳ぐらいまでゆけるのかなとは
思いますけどね。


[729] 国際援助 投稿者: 投稿日:2006/03/12(Sun) 23:05  

ロコトさん>
音楽はその国の歴史とともに文化の一部であるわけですから、遺跡とともに民族のアイデンティティーの拠り所となるものなのですね。そういう意味では遺跡の発掘を外国の調査団が行うことについても、賛否があると思いますが、日本の技術がその国のアイデンティティーの確立に役に立つならどんどんやってほしいと思います。

yoditoさん>
まだ引退する年齢じゃないと思うんですが、そういう話があるのでしょうか?




[728] 山菜と健康 投稿者:ロコト 投稿日:2006/03/12(Sun) 11:49  

山菜を食べる食生活はアレルギー大国日本を救うかも。
日本人の3人に一人が病気持ちという異常な国を立て直すには、
余計なものを口にせず取り込まず、たまり溜まった病原毒素を排泄し、
日本の四季自然が持っている自然浄化機能を取り込み、山野の気と共鳴して
山菜を食べ、健全食文化として習慣にしたほうがよいかも。
ふきのとうも採取できない土地はもはや日本ではない!
日本原産の野菜は、セリ、ワラビ、フキ、自然薯、くらいなもの。
あとはぜ〜んぶ外来植物なのですから。(大根もだよ〜)
日本人は日本の元祖野菜をがんがん食べるべき。

◆山菜と健康
http://www.nittokusin.jp/sansai/contents/08_health/health.html


[727] アンデス音楽の源泉 投稿者:ロコト 投稿日:2006/03/12(Sun) 11:24  

>音楽以前に遺跡が好きだったからなので……。

悠久の歴史や文化の遺産として、あるいは忘れられないように意図されたかは
わかりませんが、痕跡を示すモニュメントとして結果的に遺跡は存在していると。
音楽はもう1つの文化伝承の系図と考えることができれば、充分つながりがあって、
音楽表現のバックボーンとなりうるわけですよね。
暮らしや生き方から、音楽表現も変遷していくわけでしょうから、基点がどこに
あろうと、今を表現していけばいいのだと思います。
物的な形のない音楽は音の連なりとして流れてしまえば胡散霧消してしまいますが、
遺跡が現役で機能していた頃に、どんな音楽があったのか、どんな鳥が空を舞って
いたのかは想像の域を出ませんよね。
ある意味、音楽はその時代における鳴き声のようなものかもしれません。

ある時、ふと出逢ういにしえの痕跡は、歴史の巻尺を思い出して、今という時代を
客観視できるインスピレーションをもたらすこともあると思います。
紐解くことが難しい過去の歴史も、『「とりあえずこうだった」ということにしておこう』
という暗黙の合意で成り立っている今日、今までの積み立ててきた概念を打ち破る事実
が明らかになるにつれ、「今という現実」に都合の悪い敵となることもあるかもしれません。
自分の立つ拠点が崩壊するかもしれないスリリングな面もあるということです。
時代の転換点ともいえる今日的状況から、遺跡への関心は高まることも考えられると思います。




[726] コンドル、クントゥル 投稿者:yodito 投稿日:2006/03/12(Sun) 10:29  

 放送局は別として、外注先に海外取材専門のプロダクションはありますね。
だいたいエンディングのテロップで流れます(製作協力のところ)。ほぼ同じところがやってます。せっかく行くのだから、ついでもあるとは思います。

 サンポーニャといえばF・○メーネス氏は本当に引退するんでしょうかね?


[725] クントゥルワシ 投稿者:みーとー 投稿日:2006/03/12(Sun) 06:51  

もちさん>
 なるほど〜。スポンサーがつくと有難いですね。
クントゥルワシ博物館開館の時にいきましたが、今も発掘は続いているのでしょうか?
東大が掘っていたようですが、これもTBSだったのかな〜〜・・・
あ、なんだか音楽からは離れている話題ですみません。

http://home.p07.itscom.net/seymi/


[724] きっと 投稿者:もち 投稿日:2006/03/12(Sun) 02:20  

TBSは報道特集でずっとプレインカ発掘を追ってきて、シカン発掘の成功(黄金製品の発掘)以来、シパン発掘成功などでスポンサーとして資金を出しやすい環境にあるんでしょうね。


[723] 知識は 投稿者: 投稿日:2006/03/11(Sat) 23:13  

ほーさん>
確かに遺跡の名前や地名をグループ名にしているのが結構ありますね。有名どころの遺跡だったらだいたいグループ名になってたりします。たくさん曲を聴いていくうちに、グループ名とか曲のタイトルとか歌詞とかで、自然に南米の地理や歴史などを知っていくと思います。とりあえずいろいろな曲を聴いてみて、自分の好みを探ってみてください。最近はネット上で聴けるサイトもずいぶん増えているようです。


[722] ありがとうございます 投稿者:ほー 投稿日:2006/03/09(Thu) 22:11  

サカンバヤを検索したら何曲か視聴できました。
ポップスに近い雰囲気なのに、哀愁漂う旋律がジーンときます。
オリャンタイは遺跡の名前なんですね。恥ずかしながらこちらに来て初めて知りました。世界遺産にもなっているのに…u_u;
音楽に限らず南米の知識をもっと詰めるべきですね。
勉強させていただきます。


[721] ナスカ展 投稿者: 投稿日:2006/03/09(Thu) 20:26  

下で紹介したナスカ展のサイトを見ていたら、瀬木さんがワークショップを開くと書いてありました。
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2006/nasca/event.html

講演会も面白そうですね。


[720] ナスカ展 投稿者:みーとー 投稿日:2006/03/09(Thu) 03:12  

知らなかった〜〜。
教えて下さってありがとう。
TBSは南米に力を入れているのかな。

http://home.p07.itscom.net/seymi/


[719] おいしそうですね 投稿者: 投稿日:2006/03/08(Wed) 21:59  

みーとーさん>
うっかりしてました。見てません。地上派でまた放送してくれないでしょうか。

ロコトさん>
ふき味噌、聞いただけでも生唾がでてきます。ふきのとうなんて、しばらく食べてません。
ご紹介いただいたページは面白かったです。もともと私が南米に興味が沸いたのも、音楽以前に遺跡が好きだったからなので……。
ナスカ展とあわせてまた南米の古代文明ブームが来るでしょうか?

世界遺産ナスカ展 国立科学博物館 2006.3.18〜6.18.
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2006/nasca/
http://www.tbs.co.jp/nascaten/


[718] ふきのとう 投稿者:ロコト 投稿日:2006/03/07(Tue) 01:10  

を刻んだものと味噌を和えて油でいためた郷土料理をこちらでは
「ふき味噌」と称して、あったかご飯とともに春を頂きます。
これ、花粉症に効く食生活と思われますので、お試しを。

モホス文明の扉が開かれつつありますね。

◆実松 克義ホームページ
『衝撃の古代アマゾン文明−第五の大河文明が世界史を書きかえる』
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/arawak/book4.htm


[717] 秘境アマゾン巨大文明 投稿者:みーとー 投稿日:2006/03/07(Tue) 00:17  

見ましたか?
面白かったです。
http://www.tbs.co.jp/amazon2006/index-j.html

http://home.p07.itscom.net/seymi/


[716] hola 投稿者: 投稿日:2006/03/06(Mon) 23:10  

hola


[715] おいでませ 投稿者: 投稿日:2006/03/06(Mon) 22:25  

今日は暖かかったせいか、花粉の量も多かったようで、くしゃみと鼻水と目のかゆみが大変でした。

ほーさん>
はじめまして。
あらためて、エキシビションでのタチアナ・ナフカとロマン・カスタマロフの演技の時の曲とインカンテーションのCDを聞き比べてみました。CDの2曲を適当につなぎ合わせた感じでした。聞き比べると、あ〜こういうふうに編集したのか〜というのが良くわかりますね。

サンポーニャのおすすめのCDはすぐに思い当たらないのですが、思いついたところでいくと、最近のものではサカンバヤのインストのCDなどは良いと思います。あと歌も入りますが、オリャンタイは2拍子系の盛り上がれる曲が多いので気に入っています。
ペルーのシクリアーダでしたらサンポーニャ・デル・ペルーというのがあります。また思いついたら書き込みます。



[714] はじめまして 投稿者:ほー 投稿日:2006/03/06(Mon) 01:34  

「シクリアダス」で検索したらこちらにたどり着きました。お邪魔いたします。
ロシアペアのエキシビションが話題になってますが、私も見ていて「この曲誰が演奏しているのかな〜」と気になってました。
今季のNHK杯?GPファイナル?(はっきりわからないので…すいません;)のエキシビションでも、このロシアペア同じ演技してました。その時曲名が「呪文」と字幕ででてたので、インカンテーションは演奏者の名ではないようです。
がしかし、トリノのビデオ録画を見、CDで聞きなおして「やっぱりインカンか??」と思う…;;ほかに考えられないので、演技用にインカン本人達が編曲、演奏してくれたんだと勝手に納得してます。

話変わりますが、みなさんフォルクローレに詳しいので「このおススメ!!」というCDありましたら教えてください。ケーナよりは、サンポーニャやシークを聴かせる、またはワイノで盛り上がる曲をぜひ!よろしくお願いします。




[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso