DIC談話室
[談話室入口] [使用説明] [語句検索] [過去ログ] [管理用]
書き込み禁止です。

[1195] バックアップ 投稿者:yodito 投稿日:2009/04/26(Sun) 17:51  

 エレキギターの奏者もライブ時はサブギターを用意してる
そうですし、オーケストラのバイオリンも弦が切れると
他の奏者が渡したりしてますね。いまのところそういう
バックアップを用意しとくしかないのかも、荷物に
なりますが。

 SGはときどき再結成してますよ。ふだんはソロで個々に
活動してるようですが。


[1194] サイモン&ガーファンクル 投稿者: 投稿日:2009/04/26(Sun) 15:07  

電車の中の広告で知りましたが、7月に16年ぶりの来日公演があるそうですね。来日すること以前に、いまだに活動していたことに驚きです、それ以前に失礼ながらまだご存命だったとは。調べたら二人とも今年68歳ですから、まだそんな歳ではないのですが、もう何十年も活動を耳にしてなかったですから、すっかり過去の人だとばかり……。チケットは昨日から一般販売されているようですが、S席13,000円、A席11,000円、B席9,000円、う〜ん。


[1193] 長い一日でした 投稿者: 投稿日:2009/04/26(Sun) 00:48  

一つの山場を終えることができましたが、今日の演奏はアクシデントがありました。チャランゴの1コースの弦が、2曲目で1本目が、3曲目で2本目が切れてしまい、さすがに焦りました。練習の時にかなり思いっきり弾いても切れなかったから安心していたのですが、控え室と客席の温度差が激しかったせいか、その変化に弦が耐えきれなかったようです。幸いもう1台チャランゴがあったので、それを借りて演奏はつづけましたが、動揺は隠せなかったでしょうね。でもそのあとは休憩時間に弦を張りなおしてなんとか無事に最後まで弾き切ることができましたし、お客さんにも楽しんでいただけたようで、ひと安心です。


[1192] ヒトツバタゴ 投稿者: 投稿日:2009/04/24(Fri) 23:35  

いよいよ明日ルセリートのライブがありますが、あまり天気がよくなさそうです。
御徒町公園にあるヒトツバタゴの木(別名なんじゃもんじゃの木)が満開なので下町ケーナ同好会の練習のあと見てきました。台東区内では結構有名らしいのですが、40年も隣の区に住んでいながら全然しりませんでした。綿のような白い花がきれいでした。


[1191] マニュキア 投稿者: 投稿日:2009/04/23(Thu) 23:36  

昨日仕事中に右手親指をぶつけて爪がかけてしまいました。アロンアルファでくっつけて、マニュキアで凹凸をなくして応急処置しました。今日試しに思いっきり弾いてみましたが、全然問題ありませんでした。心なしか音色もきれいになったような。意外といいかも。


[1190] 花粉勢力減少 投稿者: 投稿日:2009/04/21(Tue) 20:56  

根津神社ではつつじ祭りの最中です。ようやく花粉症も終りに近づいたようで、ここ数日は薬を飲まなくても過ごせるくらいになりました。
なぜか旧知の方から数年ぶりに連絡をもらうことがたてつづけにありました。何かの予兆でしょうか?

昨日の練習でも演奏中に1コースの弦が二つとも切れてしまいました。楽器と弦との相性が悪いんでしょうね。やっぱり今まで使っていたメーカーの弦で変えないのが良いのかもしれません。

yoditoさん>
管楽器で伴奏するには、同時に違う音をだして和音を奏でないといけませんので、笙みたいな構造の楽器で押さえ方を変えるだけでいろんなコードを出せるようなものがあれば可能かもしれませんね。


[1189] 切れる弦 投稿者:yodito 投稿日:2009/04/21(Tue) 19:05  

 こちらもギターの弦が張って一週間もしないうちに切れて
しまいました。まあ最高音弦は使用頻度も多いうえに
最も細いので止む無しのところはありますが。

 ベースやロンロコでは半年ぐらいは気にもしなくても
大丈夫なんですけどね。

 管楽器で伴奏できないものかなぁと思ったりします。


[1188] まだまだ 投稿者: 投稿日:2009/04/19(Sun) 21:43  

今日は午前中に横浜で伴奏、午後は地元の老人介護施設で下町ケーナ同好会の演奏でした。張り替えた弦がまだ馴染んでなかったのか1日に2回も切れてしまいました。
施設での演奏ではスタッフやご家族の方もいて100人以上の方に聴いていただきました。


[1187] 弦の張り替え 投稿者: 投稿日:2009/04/17(Fri) 22:15  

演奏会が近づいてきたので昨日チャランゴの弦を全部張り替えました。張ったばかりの弦を巻き上げていく時、ドキドキするのは私だけでしょうか?一度に急にテンションを強くしてしまうと弦が切れてしまうことがあるので、それが心配で、ある程度巻きあげたら数時間から半日くらいは放置して、また少し巻き上げて、また放置してを繰り返しながらようやく1音下までもってきました。そんなに時間をかけなくてもと思うのですが、皆さんはどうしてますか?


[1186] 春眠不覚暁 投稿者: 投稿日:2009/04/12(Sun) 20:18  

25日の演奏のさらに続報ですが、スパイス・カフェは満員御礼となったそうです。あっという間で私がびっくりしています。そのあとの演奏予定はまだ未定ですが、決定しましたらまたお知らせいたします。


[1185] 春の海 投稿者: 投稿日:2009/04/11(Sat) 22:36  

ひねもす のたりのたりかな   与謝蕪村

今日はそんな感じの一日でしたね。先日から日本文学づいてますが、あまり意味はありません。昨夜は十六夜で月がとてもきれいでしたので、下町ケーナの練習の帰りに上野公園を歩いてみました。桜は少しさびしい感じでしたが、それでもその下ではサラリーマンたちが宴を開いていました。

さて、下の演奏会のお知らせの続編ですが、お店はあまり広い所でなく、すでに半分くらい予約が入っているみたいです。当日急に行っても入れない可能性が高いので、できるだけ早くご予約をお願いします。


[1184] ひさかたの 投稿者: 投稿日:2009/04/09(Thu) 20:19  

光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ

小倉百人一首の中で私が一番好きな歌です。作者は紀友則で、意味は穏やかな春の日差しの中でどうして桜の花はせわしなく散っていくのだろうか、と桜の花を名残惜しむ心情を歌った歌ですが、桜だけでなく人間もそんなにせわしなく生きなくても、もっとのんびり生きてもいいじゃないかという意味も込められてるのではないかと勝手に解釈しています。
そんなこんなで、昨日・今日とだいぶ暖かくなってきましたね。

さてさて、久し振りに私が出演するライブが今月25日にありますので、宣伝させていただきます。

グルーポ・ルセリート「アンデス音楽コンサート」in スパイス・カフェ

日時;4月25日(土)18時〜オープン、19時〜19時半ごろより演奏開始。
場所:スパイス・カフェ(東京都墨田区文花1−6−10)
   営団地下鉄半蔵門線・都営地下鉄浅草線「押上駅」から徒歩10分
料金 4,500円(前菜、カレー、デザート、珈琲。ワンドリンク付き)
出演;Grupo Lucerito(グリーポ ルセリート)
大條一夫(パーカッション、ボーカル、ケーナ他)
坂下 誠(ギター、ボーカル)
石野雅彦(チャランゴ、ボーカル)
石山奈都枝(アルパ、パーカッション)
田中綾子(ケーナ、サンポーニャ)

ご予約・お問い合わせはスパイス・カフェ(http://www.spicecafe.info/)までお願いします。

グルーポ・ルセリートは下町ケーナ同好会の中から有志メンバーが集まってできたグループで、私も今年から参加しています。私にしては珍しくボリビア色が少なく、ペルー・チリ・アルゼンチン・エクアドル・パラグアイとバリエーション豊かです。ケーナとアルパのコラボレーションも注目でしょう。今回は食事とセットで4500円という高額?なチャージで、それに見合った演奏ができるかどうか非常に不安ですが、目下課題曲を特訓中です。スパイス・カフェのホームページ上では完全予約制とありますが、これは私も今知りました。お店の都合上、事前に予約をして欲しいという意味を強調しているのだと思います。予約せずに来られる方は念のため直前でもかまいませんのでお店に確認をしてください。



[1183] ゴン太くん 投稿者: 投稿日:2009/04/08(Wed) 23:25  

そうでした。ピックを使うとボディを傷つける恐れがありますね。

ゴンサロ氏はもともと飛行機嫌いですからしかたないですね。そういえば、yoditoさんとボリビアに行ったとき、最初に降りたサンタクルスの空港でゴンサロ氏が目の前の椅子にちょこんと座っていたのは衝撃でしたね。すごい偶然でした。
今回の来日で驚いたのはチラシのエルメールの写真がすごい老けてみてることです。前より痩せたみたいなのでそう見えるのでしょうけど、あまりの変わりように驚きました。
ギタリストのリンがアナ・クリスティーナの息子だったのも初めて知りました。


[1182] ピックだと 投稿者:yodito 投稿日:2009/04/07(Tue) 21:00  

 単音はよいのですが、複音やカッテイングに対応できない
ですよね。以前、町田で街頭演奏してたグループが下敷き
のようなペラペラの素材のピックでやってました。チャランゴには半分くらいピックガードが貼られてましたねえ。

 カルカスはゴンサロ氏は来ないようですね。


[1181] カルカスのチケット 投稿者: 投稿日:2009/04/07(Tue) 19:35  

おそまきながらカルカスのコンサートのチケットを買いました。手続きとか面倒なのでコンビニからオンラインで買ったのですが、真ん中より後ろのほうの列でした。仕方ないですね。

Daijitoさん、チャランゴの集いの書き込みありがとうございます。出演者が決まり、楽しみも一段と増しますね。菅野くんは、10年以上前に、まだ彼が小さかった頃にアンデス何でも塾で会って以来ですので、楽しみです。

yoditoさん
昨日の練習で爪が全くノーマル状態になってしまいました。つけ爪とかマニキュアとかいろいろ手はあるのでしょうけど、手間がかかりますね。手軽なのはチャランゴ用のピックを使うという手もありますね。爪で弾くより大きな音も出ますし。前回カリャワヤが来日したとき、ポジェリータの曲でサウルは前奏のつまびきのあとはピックに持ち替えて弾いていました。




[1180] 花粉濃度 投稿者:yodito 投稿日:2009/04/06(Mon) 21:51  

 私も花見のため特急列車で移動中、山間部にさしかかると
途端に人々が咳やくしゃみをしていました。みれば煙るように花粉を吐いている杉林でした。やはり高濃度になると誰しも反応するようです。

 野外で演奏すると音ぬけするためついつい力が入ってしまい、爪が欠けてしまいますね。何かよい対策はないものか。



[1179] 第4回チャランゴの集い 投稿者:Daijito 投稿日:2009/04/06(Mon) 12:28  

(↓PRさせていただきます!今年も実力派の新顔がそろっていて楽しみな会になりそうですよ。)

日本最大級のチャランゴフェスティバル「第4回チャランゴの集い」が下記の通り開催されます。今回は特に、新しい世代のチャランゴ演奏家たちによる意欲あふれるイベントとなっています!みなさんのお越しを心よりお待ちしています。

日時;2009年5月30日(土)、14:30開場・15:00開演(18:00頃終演予定)

会場;「キューバンカフェ」;地下鉄大江戸線築地市場駅より徒歩2分、JR新橋駅より徒歩12分。http://www.geocities.jp/cubancafe2005/

料金;¥2500(ワンドリンク込)

出演チャランゴ奏者(50音順);

安達満里子、荒川美樹子、栗原貴之、菅野智文、鈴木龍、高藤光彬、保坂幸恵、松永鮎奈、安岡恒。

特別出演;桑原健一、福田大治、恵泉女学園大学チャランゴサークル(Amigas del Charango)。

後援;ボリビアチャランゴ協会(SBC)、駐日ボリビア共和国大使館。

ご予約先;(03)5148−5001(築地キューバンカフェ)

★ご注意;「チャランゴの集い」はおかげさまで毎回好評をいただき、開催の1、2週間前には予約満席となる状況です。ご予約はくれぐれもお早めにお願いいたします。その他お問い合わせは、当イベント世話人代表・桑原(gengakki_baka@hotmail.com)までどうぞ。

文責・「第4回チャランゴの集い」実行委員会(桑原健一・長田明弘・貝谷吉浩・福田大治)。


[1178] 深川さくらまつり 投稿者: 投稿日:2009/04/06(Mon) 00:54  

天気がよく、ちょうど桜も見ごろでしたので、多くの人で賑わいました。天気もよくて、絶好の街頭演奏日和でした。
左手の人差指の爪をかばうために中指で弾いていたのですが、最大音量で弾いていたので、かなり削れてしまいました。親指ストロークを考案する必要がありそうです。


[1177] 桜が満開です。 投稿者: 投稿日:2009/04/03(Fri) 23:13  

今日下町ケーナ同好会の練習日でしたので、行く途中で上野公園によってみました。まさに今満開で見ごたえがありました。それにしてもすごい人でした。日本人はやっぱりお花見が好きなんですね。

今度の日曜日に下町ケーナ同好会が「お江戸深川さくらまつり」にて路上演奏しますので私も参加します。時間は2時半から3時半すぎくらいまでの1時間を予定しています。場所は門前仲町駅のそばの石島橋の上です。ご近所の方はお花見ついでにお立ちよりください。

http://www.mon-naka.com/sakura/


[1176] 4月になりました 投稿者: 投稿日:2009/04/01(Wed) 21:42  

yoditoさん、ご無沙汰です。
花粉症にもいろいろありますよね。たしかTOYO草薙さんがブタクサの花粉症で、秋先から苦しんでいました。花粉症になった人も、また別の花粉症を併発する可能性があるから油断できないですね。

今日はエイプリル・フールですが、嘘のような本当の話。ドイツ国内のみならず隣国オーストリアも含め40件の犯罪現場から同一女性のDNAが採取され、「ハイルブロンの怪人」と呼ばれていた犯人の正体が明らかに。聞いた時はあまりのバカバカしさに思わず笑ってしまいました。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009033000026


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso