DIC談話室
[談話室入口] [使用説明] [語句検索] [過去ログ] [管理用]
書き込み禁止です。

[612] ディスコグラフィ 投稿者: 投稿日:2005/11/30(Wed) 23:12  

サウルのディスコグラフィのページを更新しました。
http://www.musica-andina.jp/~saulcallejas/ja_disco.html

販売のお知らせについてはもう少し待ってください。


[611] サウル情報 投稿者: 投稿日:2005/11/30(Wed) 01:05  

ようやくサウルの新作アルバムを手に入れることができました。
今日はそれを聴きながら、ピスコサワーを飲んで、そのあとオルーロでのサウルの演奏のビデオを見返して感慨に浸り幸せな気分です。
やっぱりサウルのチャランゴは別格という感じです。

>ハリケーンさん
体調が回復したようで、何よりです。
そういえばハリケーンさんは演奏を聞くだけで、演奏はされないのですか?聞くよりも自分で演奏したほうがすごく元気になれると思います。


[610] 真夜中に☆ 投稿者:ハリケーン 投稿日:2005/11/29(Tue) 03:03  

今晩は☆。Ishinoさん、ご心配ありがとうございました。ハイ、こんな夜中に起きてられるぐらいに(笑)快復いたしました。どうも、仕事が休みのとき、ハリキリ過ぎてダウンしてしまうんですね。昼間からお酒飲んで(休みの時ですよ)、好きな音楽聴いてまったり時間を過ごしてると、リラックスしますねぇ。至福の時です(今日は仕事ですが・笑)。

何事も10年やらないとモノにならない、ほそぼそとでも10年やると形になるって、81才になる吉本隆明さんがおっしゃってたんですよ。そういう人生の大先輩の話って、後に続く者としては安心するんですよね。そうかって。私は人生の折り返し地点に立って、あと何年バリバリ仕事ができるかなぁ、って考えたんです。取り合えず20年やりたいですね。死ぬまで現役でいたいと思ってます。世の中に役立つ老人でいたいんです。今考えてるのは、どうやったら気力・体力が落ちてる自分に継続させていくか・です。だから、元気になることは、なんでもやる!(笑)私に活力を与えてくれるものには、なんでも触れたいんです。そこでもう今年は無理でも、来年は皆さんのライブ聴きに上京しますよ。みーとさんの絵も見に行きます。楽しみにしてまーす。



[609] パタゴニア 投稿者: 投稿日:2005/11/28(Mon) 23:13  

先日の「世界ふしぎ発見」はパタゴニアでしたね。さすがに行ったことはないです。実際に行くには相当の覚悟が入りそうですね。
私はパタゴニアと聞くとコスキン祭で見たルベン・パタゴニアというアルゼンチン歌手を思いだしてしまいます。

ハリケーンさん>
風邪はなおりましたか?
>10年を単位にとらえないと、やるべきことを見失いそうです
なかなか重みのあるお言葉です。果たして私は10年後はどうしていることでしょう。

YOSHIOさん>
もうすっかりこの時期の風物詩となりましたね。15年連続とは本当に脱帽です。
コスキン審査会のほうも頑張って続けてください。私はここ何年も川俣にすら行かなくなってしまいました。


[608] コンサートのご案内です 投稿者: 投稿日:2005/11/27(Sun) 16:00  

Ishino様、お久しぶりです。
TAKUYA&YOSHIOのYOSHIOです。
今年も我々はコスキン審査会に落ちたりしてました。

さて来週日曜日に、15年連続15回目のコンサートをしますので告知させてくださいませ。

12/4(日)13:30開場、14:00開演
船橋市葛飾公民館(047-437-5072)JR西船橋駅から徒歩10分
出演はTAKUYA&YOSHIO、ボリビア・ボンビー
入場は無料です。

今年は自分のパートの前半はウニャ・ラモス曲を中心に、後半はMAGGOT BRAIN、平和に生きる権利、ただ神に願うことは、どんぱん節〜DANZA AYMARAとする予定です。

もしよろしければご来場のうえお声かけいただけますと幸いです。
またメールで問い合わせくださった方には、ポスターのPDFデータをお送りしています。

最近イベントから足が遠ざかっていますが、木下さんのところの発表会に出る予定にしています。その他またどこかでお会いしましょう。

追伸:大韓航空に先日乗ったのですが、機内誌のボリビアフォルクローレの記事にDAIJITOさんはじめ多くの日本人アーティストの名前がありました。


[607] なるほど 投稿者:ハリケーン 投稿日:2005/11/26(Sat) 01:28  

寒暖の差が大きいと風邪引きますねぇ。

ところで、ダイジードさんのHPで、来月の高橋さんとのジョイントを知りましたが、今年も行けず、残念です。多分来年もやるでしょう。来年に期待します(笑)・・・っていうと、笑われるかもしれませんが、もう私の気持ちの上では、来年の予定を考えてるんです。時の流れが加速していて、10年を単位にとらえないと、やるべきことを見失いそうです(笑)。CDのボーカルはダイジートさんでしたか、かわいらしいお声(失礼)。音質を落として容量を軽くするとは、知りませんでした。こだわって作ったサウンド・・期待大ですね。



[606] ラパスの気候 投稿者: 投稿日:2005/11/25(Fri) 17:25  

ハリケーンさん>
ラパスはいま夏に向かっているところですので、一年の内では暖かい方です。でも昼と夜の温度差が激しくて、昼は半袖でもすごせますが、夜は長袖を何枚か着ないと寒いくらいになります。冬でも昼間は暖かいですが、夜は相当の寒さとなります。
来月ダイジートと高橋さんとジョイント・ライブが約1年ぶりにあるんですね。CDのボーカルもダイジートです。パソコンで試聴できる音は容量を軽くするために音質を落としています。CDの音質はダイジートがかなりこだわって作ったサウンドですから聞き応えあります。

おすすめCDを見ていただきありがとうございました。第2弾を掲載しました。
今回は女性ボーカルばかりを集めました。
http://dic-norte.hp.infoseek.co.jp/2005/cd/cd_02.html

最近ボリビアでもCDを紙のジャケットにするのが増えてきています。ディスコランディアではエコロジー商品と銘打っていますが、実際こちらのほうが、プラケースで作るより安上がりなのでしょうか?手間とか結構大変だから、コスト的には却って高くつく気がするのですが、どうなんでしょう?



[605] 今晩は☆ 投稿者:ハリケーン 投稿日:2005/11/25(Fri) 00:06  

Ishinoさん、今ラパスって寒いんですか?地理オンチで恥ずかしいのですが(><;)

おすすめCDのご紹介ありがとうございます。福田さんの演奏は、是非生で聴いてみたいのですが、来月あるコンサートに行けそうもありません。残念ですがCDを購入致します。「チェ・ゲバラに捧げるカルーヨ」のボーカルはもしかして、福田さんですか?

パソコンで試聴してみると、やはり音響が今一。来年は音のいい環境を整えたいものです。


[604] おすすめCD 投稿者: 投稿日:2005/11/21(Mon) 17:55  

久しぶりの更新となります。ボリビアで入手したCDを10枚ずつ紹介していきます。完結はおそらく春先になるでしょう。
http://dic-norte.hp.infoseek.co.jp/2005/cd/cd_01.html

ハリケーンさん>
オルーロのカルナバルの衣装はそれこそ、1年がかりでお金を貯めて作るということもあるみたいです。最近ではレンタルも増えているみたいですが。
風邪は困りますね。私も帰国直後に気候の違いでたちの悪い風邪をひいてしまい、結構長引きました。このところの寒さはラパスに着いた頃を思い出すような冷え込みです。



[603] カルナバルのこと 投稿者:ハリケーン 投稿日:2005/11/19(Sat) 09:03  

Ishinoさん、カルナバルのことありがとうございました。大々的なお祭りなんですね。衣装もスゴイ!!興味ありますねぇ。行ってみたいです。
 ところで、すっかり風邪に弱くなってしまいました。今回は例のニラも効きません。免疫力が落ちてるなぁ。なんとか復活したいと思います。

デジタル化の作業・・・私は気が遠くなります。私には一生かかってもできないことだと諦めています。出来る人は、尊敬に値します。ハイ。


[602] Willy Sullcata 投稿者: 投稿日:2005/11/17(Thu) 21:45  

RYOさん>
たしかに全部をデジタル化するのは相当の労力と根気がいりますね。せめてお気に入りのものだけでもカセットが劣化する前にCD−Rに落としておきたいです。でもCD−R自体もどれだけ長期保存できるか疑問ですよね。いっそのこと1テラくらいのハードディスクを買ってしまったほうが良いのかもしれませんね。

いとうさん>
Willy Sullcataのケーナはたしかにあまりインパクトがいですね。それで他にどんな演奏をやっているのか検索してみたら、チャランゴ奏者のホルヘ・マルティネスの2枚のアルバムに参加しているのを見つけました。こちらでもそつなく吹きこなしているのですが、やはり物足りない感じです。ホルヘ・マルティネスといえば、私がボリビアから戻る直前に会った時に、来年日本に来るようなことを言っていました。まあ本当に来られるのかは甚だ疑問ですが……。今回のボリビア旅行で、ホルヘの作ったチャランゴを1台買ってきました。セラーノタイプのもので、チューニングが難しいのが難点ですが、音はとても良くて気に入っています。



[601] ウィパラの新譜 投稿者:いとう 投稿日:2005/11/17(Thu) 02:08  

2003年録音の新譜だったんですね。録音年代を見落としてました。
しかし、さすがに私の好みをよく読まれてますねぇ〜。DANZA DE ESTELASはぜひやってみたい曲ですね。ただ、サンポーニャは2列クロマティカが必要そうな転調がありますが・・・
あと、10曲目のCharazani(kallawaya)なども景気良くて好きだったりします。
ただ、この新譜、ケーナ的には先のベスト盤と同じWilly Sullcataが吹いているにもかかわらず、今回の録音では少々音色も細り薄くなっちゃって(言い換えれば、最近ありがちな没個性的ケーナになっちゃって)ちと残念なところです。



[600] camino lejano 投稿者: 投稿日:2005/11/17(Thu) 00:04  

>スペースが空いたついでに、アナログのLPやカセットもどんどんCD-R化していきたいと思っているのですが、

私もずいぶん昔に思い立ってはじめたのですが、遠い遠い、果てしない道のりです。結婚する前はけっこうはかどったのですが、それでも全体の2割もデジタル化できたかどうか。今はというと、この1年間でデジタル化したカセットは、多分2〜3本。このままでは、一生かかっても全部デジタル化できそうにありません。


[599] ラベルお礼 投稿者: 投稿日:2005/11/16(Wed) 18:07  

いとうさん、satokoさん、CDラベルソフトの情報ありがとうございます。
satokoさんのご紹介の「EPSON CD Direct Print3」はメンバー登録しないとダウンロードのページに行けないみたいで、登録しようとしても何故か途中のページから先に進めません。またあとで再チャレンジしてみます。
いとうさんのご紹介のエーワンのサイトは以前見たことがありましたが、OS Xしかないと思って先に進みませんでした。さっそくOS9用をダウンロードしてみました。わりと簡単に使えそうなので試しに1枚つくってみたいと思います。

ウィパラの新譜>
帰国して早ひと月たってしまいましたが、実はまだボリビアで買ったCDをほとんど聴いていないのです。先週くらいからようやく少しずつ聴くようになりましたが、曲のデータを入力しながらやっているので、1日1,2枚くらいのペースでしか聴けません。
いとうさんに言われて今日さっそくウィパラのCDを聴いてみました。
2003年の録音って書いてあるので新録ですね。
アルバム・タイトルにもなっているSENDERO DEL CHASQUIとか6曲目のDANZA DE ESTELASなどはいとうさんの好みでしょうね。
このアルバムではWINDSOR CHACONがビエントスで参加しているんですね。チャコンは最近いろんなアルバムで名前を見かけますが、ハチャマリュクをやめてしまった今はどこかのグループには所属していないのでしょうか?WINDSORって名前はウインドソルって読むのかと思ったらウィンザーっていうんですね。「ウィンサー」とか「ウィンソル」とか言う人もいるらしいですが、dを発音しないことは共通のようです。


[598] CDラベル 投稿者:satoko 投稿日:2005/11/16(Wed) 01:24  

プリンターを買った時におまけでついてきたソフトの中に
EPSON CD Direct Print3というのがありました。OS9で使えます。
どっかでダウンロードできると思うけど・・・


[597] ラベル作成ソフト 投稿者:いとう 投稿日:2005/11/16(Wed) 00:22  

Mac対応ということでは、こんなのがありましたよ。
エーワンは、私は印刷用紙(CDラベル用紙やジャケット用紙など)でよく使ってます。
http://www.labelyasan.com/

ちなみに私はジャストのラベルマイティを使っており、なかなか使い易いと思っていますが、こちらは残念ながらWin版しかないようです。


話は変わりますが、先日Ishinoさん経由で入手させていただいたウィパラの新譜(もしくは旧録音のCD化?)は、相変わらず曲調が一風変わっててなかなか聴けますね。自分たちでも演奏してみたい曲もいくつかあったりしますが、いかがですか?
遅くなりましたが、先日は練習お疲れ様でした。予定よりも短時間でリハビリ不十分でしたが、また頑張りましょう。



[596] カルナバル 投稿者: 投稿日:2005/11/15(Tue) 14:58  

カルナバルはスペイン語ですが、英語にするとカーニバルとなり、一般にはお祭りのことですが、ボリビアでは毎年2月くらいに大規模なお祭りがあり、とくにオルーロでおこなわれるカルナバルは、リオのカーニバル、クスコのインティ・ライミとならんで南米3大祭りの1つに数えられています。たくさんの人がそれぞれグループを組んでボリビアの伝統的な踊りを踊りながら、1日がかりで山の上にある教会を目指します。

以前行った時の写真です。こんな感じです。
http://dic-norte.hp.infoseek.co.jp/oruro/oruro2.html


話は変わりますが、先日注文していたCD用のソフトケース500枚が日曜日に届きました。プラケースよりもディスクの出し入れは面倒になりますが、普段滅多に聴かないようなCDをソフトケースに少しずつ移していこうと思います。これでしばらくは棚から溢れずにすみそうです。

スペースが空いたついでに、アナログのLPやカセットもどんどんCD-R化していきたいと思っているのですが、そこで必要になるのはCDラベル作成ソフトです。どなたかMac OS9用で良いソフトをご存じないでしょうか?フリーソフトであればなお良いです。


[595] すみません(汗) 投稿者:ハリケーン 投稿日:2005/11/14(Mon) 23:32  

カルナバルって、何ですか?シンガルは飲み口のいいお酒なんですね。私にとって、それは危険(笑)なお酒です。


[594] オルーロ 投稿者: 投稿日:2005/11/14(Mon) 16:19  

ハリケーンさん>
シンガニは全くの無色です。味もブランデーより癖がないと思います。私はあまりブランデーは好きではないのですが、シンガニは味もまろやかで大好きです。

みーとーさん>
オルーロは観光するには少し物足りないところですが、生活するには不便することがない町なのかなという印象を持ちました。カルナバルで踊りながら寺院まであの坂を上るのはかなり辛いでしょうね。


[593] カルナバルで 投稿者:みーとー 投稿日:2005/11/14(Mon) 13:14  

カルナバルで疲れて、途中で飲むチュフライは誠においしい。
オルロって踊ると大きな町に思えるけど(いったいいつになったらソカボンに着くんじゃい)、何でもないときに見ると小さい町です。
7月はむちゃくちゃ寒かった。(・・・ですね。)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso