DIC談話室
[談話室入口] [使用説明] [語句検索] [過去ログ] [管理用]
書き込み禁止です。

[1335] AKAPANAとか 投稿者:ゆな 投稿日:2009/10/26(Mon) 00:13  

こんにちは、ご無沙汰してます。
私のブログでだけ告知すると、「DICとか、もっと公共性の高いところに…」と言われたりするので、是非宣伝させて下さいませ。

AKAPANA来日コンサート
11月6日(金) 開場 18:30 開演 19:00
武蔵野スイングホール
東京都武蔵野市境2-14-1
tel:0422-54-1313
(JR中央線・武蔵境駅北口下車 西へ徒歩2分)
一般: 前売 3,000円 当日 3,500円
高校生以下: 前売 1,500円  当日 2,000円 
お問合せ・ご予約:アカパナ事務局 [ヒシモト]
tel: 090-9648-9172 email: hishi-k@mx1.ttcn.ne.jp

今年はビクトル・ウーゴ・ヒロンダの代わりにクラウディアの妹のミカエラさんが参加しています。La Blue Noteというブルースだかジャズだかのグループのボーカルをしている方なので、きっと美声を聞かせてくれることでしょう。


ところで、HORIZONTESの動画はやっぱり最近のですよねぇ?元リーダーのフェリペ・アルセ氏にネット経由で色々世話になったのですが、顔を知らないのです。。。


[1334] YouTubeで 投稿者: 投稿日:2009/10/25(Sun) 23:34  

昨日の演奏が早くもインターネット配信されています。RYOさんいつもありがとうございます。ただ、あまり恥ずかしい演奏はネットでお見せするのは忍びないのと、ビデオが途中で止まってしまったとのことで、今回はほんの一部だけアップされています。
チャランゴのソロはマイクを通してやっと他の楽器と同じくらいのバランスですね。あと、やたら周囲が暗く映ってますが、実際の場内はもっと明るかったです。

エンクエントロス
http://www.youtube.com/watch?v=m0f33Eh7-yQ
フィエスタ・デル・チャランゴ
http://www.youtube.com/watch?v=YDGbNeuYRQ0
ヒルゲーロ
http://www.youtube.com/watch?v=X4MWtENeIus



[1333] 平塚ライブ終了 投稿者: 投稿日:2009/10/25(Sun) 00:45  

お客さんが来ないのではと心配でしたが、平塚のグループの方々を始め、悪天候の中、総勢十数名のお客さんに来ていただきました。演奏の方は、何がおこるかわからないのが生ライブの醍醐味、かなりヒヤヒヤでしたが、緊張しつつも楽しく演奏することができました。Happy Mountain Barというお店は今日初めて行ったのですが、地下にあるバーで、落ち着いた雰囲気があり、とても気に入りました。生音でも十分聞こえる広さでしたが、念のため、今日はチャランゴの爪弾き用にマイクを立てたので、ソロの曲もばっちりでした(たぶん)。演奏の後にみんなでおしゃべりをして、フォルクローレ談議に花が咲きました。


[1332] キラ・ウィルカ ライブin平塚 投稿者: 投稿日:2009/10/23(Fri) 01:27  

いよいよ間近に迫ってきました。数年ぶりのキラ・ウィルカ単独ライブ。再度お知らせいたします。

日時 10月24日(土) 午後5時〜(2ステージ)
場所 Happy Mountain Bar(東海道線平塚駅下車、南口前)
   平塚市八重咲町1-8 ハロービル B1
   0463-22-6742 下記リンク参照。
チャージ 1000円

この機会を逃すと、次はまた何年か後になってしまうかもしれません。みなさんおさそい合わせの上、ご来場ください。

http://local.yahoo.co.jp/detail/spot/32cf6eed9e1df640920d8f522e3f9e7e/


[1331] カブールさんの動画 投稿者: 投稿日:2009/10/21(Wed) 12:20  

先日キューバン・カフェで行われましたエルネスト・カブールさんのライブの一連の動画がyoutubeにアップされています。掲載者は「フォルクローレ演奏情報メールマガジン」の発行者でおなじみの西川君です。彼のブログでまとめて見ることができます。ライブを見に行かれた方も、そうでない方も是非ご覧ください。その場の雰囲気を思い出します。運指までばっちりわかりますね。

http://siroianagura.cocolog-nifty.com/blog/


[1330] リハーサル? 投稿者: 投稿日:2009/10/21(Wed) 00:12  

今日はなんだか体がだるくて、仕事も休みたいくらいだったのですが、休むわけにもいかず、出勤。頑張って働いたあとは、ダイジート氏に誘われ、神保町のオーレ・オーレというスペイン料理屋にフラメンコ・ギターを聴きに行きました。さすがにダイジートさんが習っているフラメンコギターの師匠だけあって、貫禄と渋みのある演奏でした。すっかり体調が悪いのも吹き飛んで、どういうわけか、私もチャランゴで2曲演奏させられてしまいました。お店にいた人はチャランゴの演奏を初めて聴く人も多く、好評を博しました。実はこの時演奏した曲は今週の土曜日にキラ・ウィルカのライブで演奏しようと思っていたチャランゴ・ソロの曲でして、はからずもリハーサルのような形になりました。
お店の中で弾いてみて思ったことは、やはり生音だと良く聞こえないのでは?ということでした。やはりアンプを使って演奏しようと思います。

http://r.gnavi.co.jp/a960500/


[1329] ビデオカメラ 投稿者: 投稿日:2009/10/18(Sun) 19:25  

昨日持っていったビデオカメラは、とある突発的な事情によりボリビアで購入したもので、かれこれ5年は使っているのですが、そろそろ寿命が近づいてきたようで、昨日も最初はちゃんと録画されているのですが、だんだん映像が映らなくなってきてしまい、結局撮れたのは最初の4曲だけでした。そろそろ買い換えの時期なのかもしれません。

http://www26.tok2.com/home2/folkcion/wanda/lucerito20091017_01tema.wmv


[1328] 満員御礼 投稿者: 投稿日:2009/10/18(Sun) 00:52  

演奏が終わってずっとお店で騒いでいたので、今帰ってきたところですが、長丁場で疲れたのより、荷物が重くて疲れました。荷物を下ろした今でも、両肩が痛いです。楽器のほかに、ビデオカメラの機材や、チャランゴ・ソロで使おうと思ってミニアンプとミニスピーカーを持っていったのですが、どれも十分使えなかったので、持っていき損でした。それはともかく、演奏の方は大盛況・大成功でした。来ていただきました方々、本当にありがとうございました。演奏後、メンバー一同とても楽しく演奏できたと満足していました。反省する点もたくさんありますので、それらを克服しつつ、レパートリーを増やして、新しいことに挑戦したいと思いますので、懲りずにまた次回もいらしてください。今回来られなかった方も、是非次回ライブにはお越しください。実はすでに、次回のライブの話があがっております。詳しいことはまた決まりしだいお知らせいたします。


[1327] いよいよ明日は 投稿者: 投稿日:2009/10/16(Fri) 11:54  

ティア・スサナで演奏です。予約状況も良好で盛況になりそうです。今日は有給をとって、追い込み練習です。

http://shitamachi-quena.hp.infoseek.co.jp/lucerito/20091017.html


[1326] GRUPO HORIZONTES 投稿者: 投稿日:2009/10/11(Sun) 17:10  

原点回帰ということで久しぶりに聴いてみました。究極の癒し系グループだと思います。

COMO EL TAMARINDO
http://www.youtube.com/watch?v=kS3hauVuGRg

PENAS QUE MATAN
http://www.youtube.com/watch?v=TVC80H3RKno

Me Recordaras
http://www.youtube.com/watch?v=1xm7QQclnAk

初めて演奏を見たとき、メイン・ボーカルの人が声から想像していた感じと全然違うのにショックを感じました。

Cholita de ojos azules
http://www.youtube.com/watch?v=-hjEAciAUlg


[1325] メルセデス・ソーサの訃報 投稿者: 投稿日:2009/10/05(Mon) 00:18  

今知りました。先月のセンテーリャス氏に続いて、偉大な音楽家の訃報はショックです。この人の歌声にどんなに励まされたことか。本当に惜しい人を亡くしました。
1999年にボリビアに行ったときに、私が乗っていたスクレ行きの飛行機に偶然彼女も乗っていたのでとても驚いた覚えがあります。そのあとスクレでコンサートがあったので聴きに行きましたが、野外ホール超満員の大盛況でした。

Todo Cambia
http://cinema-novo.blogspot.com/2007/05/todo-cambia.html


[1324] 平塚付近の方は是非 投稿者: 投稿日:2009/09/28(Mon) 01:24  

昨日はルセリートの練習、今日はキラ・ウィルカの練習でした。今日の練習である程度の見通しが立った(のかな?)ので、ライブの宣伝をしたいと思います。

10月17日に信濃町のティア・スサナでルセリートのライブがあるのですが、その翌週24日(土)に平塚駅そばのライブ・ハウス「ハッピー・マウンテン・バー」でキラ・ウィルカがライブを行います。

場所 Happy Mountain Bar(東海道線平塚駅下車、南口前)
   平塚市八重咲町1-8 ハロービル B1
   0463-22-6742
   現在、お店のホームページはありませんが、駅の目の前だそうです。
日時 10月24日(土) 午後5時〜(2ステージ)
チャージ 1000円(予定)

平塚周辺や東海道線沿線にお住まいの方は是非この機会をお見逃しなく!東京・千葉・埼玉から行くのはちょっと遠いのですが、その分早めにスタートします。
演奏曲はボリビアを中心にフォルクローレのわりとメジャーな曲をたくさん演奏する予定です。コンドルは飛んでいくとか、リャキルナとかエンクエントロスとか、先日のカブールさんのライブに触発されてレーニョ・ベルデもやります。チャランゴ・ソロも2曲ほどで、なんだかんだで20曲近いですね。
ただし、メンバーのうちの大坂さんが、またしばらく演奏に参加できないということで、今回はyoditoさんがほとんどの曲のギター担当になってしまいました。

ところで、平塚といえば、ボリビア料理屋があって、だいぶ昔にそこに演奏に行ったことがあるのですが、今もあるのでしょうか?どなたかご存じでしょうか?


[1323] お疲れ様でした。 投稿者: 投稿日:2009/09/24(Thu) 18:55  

daijitoさん>
いえいえ、こちらこそ貴重な演奏を聴かせていただきありがとうございました。ダイジートさんでなければ実現しなかったコンサートです。今回の来日コンサートは今後10年20年と語り継がれるでしょうね。心配した集客も、口コミで広がったようで、満席になって良かったです。
昨日のビデオをさっそくパソコンに取り込んで見直していますが、感動がよみがえります。

昨日ちょっと触れましたが、レーニョ・ベルデは、コンサート中のダイジートさんの解説によりますと「緑の葉がついていて、薪には役に立たない木」のことだそうです。カブールさんの曲でレーニョ・セコというのがありますが、それと対になってるのでしょう。



[1322] ありがとうございました 投稿者:daijito 投稿日:2009/09/24(Thu) 09:50  

今回のカブールさん2公演(関西&東京)にあたっては
いろいろお世話になりました!
中でもISHINOさんには立派なプログラムを製作・
印刷して下さり、
自分にもカブールさんにも素晴らしい記念になり
感謝しております。

カブールさんとの数日間は自分にも計り知れないほどの
心の財産を残してくれました。
すべてが終わった今、すでに懐かしさでいっぱいです。
またこれからも体調に気をつけて、
ずっと活躍していってほしいですね!
それが今回居合わせた人たちみんなの願いだと思います。

僕も早速自分のサイトなどに公演日記書いてみますね!


[1321] シルバーウィーク 投稿者: 投稿日:2009/09/23(Wed) 23:23  

19日からの連休はフォルクローレづくめでした。昨日は下町ケーナ同好会のボランティア演奏で老人介護施設での演奏。今日はカブールさんのコンサートを聴きにキューバン・カフェに行ってきました。昨日の芦屋でのコンサートではカブールさんのギャグも絶好調で冴えわたっていたということですが、さすがに今日は連日の疲れのせいか、トークは少なめでした。しかし、演奏は尻上がりに激しさを増して大いに盛り上がりました。レーニョ・ベルデをカブール氏本人が弾いているのを初めて生で見ました。じつは「緑の大木」という和訳は誤訳だったというのも初めて知りました。


[1320] 贅沢なひと時 投稿者: 投稿日:2009/09/22(Tue) 00:49  

カブールさんは明日芦屋でコンサートのため、今日はダイジート氏の家に来ているとのことで、ずうずうしくも遊びに行ってきました。明日の演奏曲を練習しているところを見せてもらえたのですが、軽く流して弾いているはずなのに、すごい迫力でした。プライベートコンサートをしてもらっているようでした。カブールさんが、忠犬ハチ公の曲を作ったと言って、弾き方を教えてもらいました。なんて贅沢なんでしょう。夢のようなひと時でした。

あと、今日確認したところ、23日のカブールさんのライブはビデオ撮影オッケーだそうです。

>yoditoさん
今回のコンクールはホームページやチラシでかなり宣伝して、出場者を募集していたにもかかわらず、5人だけというのは、まだフォルクローレでのコンクール形式に抵抗を持っている人が多いのかなと思いました。このスタイル(コンクール形式のイベント)が少しずつ浸透していけば、参加者も増えて盛り上がっていくのではないかと思います。


[1319] そうなっても言わないほうがカッコいいよ 投稿者:yodito 投稿日:2009/09/21(Mon) 06:29  

 日本のフォルクローレって、あまりコンクールとか
オーディションとかいう厳しい場がなかったので
レベル向上には良い流れだと思います。

 一方でみんなで和気あいあいとできる場も続いて
欲しいですね。先日の信州のように、知らぬ間に
ボリビア人のひとも多く住みついているようで、
層の厚みは増しているようです。


[1318] チャランゴ・リサイタルやります 投稿者: 投稿日:2009/09/20(Sun) 22:52  

言ってみてぇ〜〜〜〜っ!! って、すみません、もうやめます。

先日お知らせしました、ルセリート・ライブのちらしができましたので、宣伝をしたいと思います。

私が参加しているルセリートというグループが今年4月に続き、2回目のライブを行うことがきまりました。場所はご存じの方も多いと思いますが、信濃町のペルー料理レストランのティア・スサナです。

日時:2009年10月17日(土)19:00開演予定(18:30までにお越しください)。
会場:ペルー料理レストラン・スポーツカフェ ティアスサナ
料金;ノーチャージ(レストランですので、ドリンクやフードを注文してください)。
住所:新宿区信濃町8-11 坂田ビルB1F
アクセス:中央・総武線信濃町より徒歩5分、丸の内線四谷三丁目(出口1)より徒歩7分。
予約先:ティアスサナ TEL&FAX(03)3226-8511 江頭(えとう)まで
    E-mail;tiasusana@ny.ciao.jp
blog:http://blog.tiasusana.ciao.jp

ちらし画像
http://shitamachi-quena.hp.infoseek.co.jp/lucerito/20091017.jpg

開場時間は特に定めていませんが、お店の要望で、オーダーが集中してしまうと対応しきれなくなってしまうので、できるだけ早めに来ていただいて、先に注文をしてくださいとのことです。時間に余裕のある方はご協力おねがいします。

4月のライブは予約ですぐに満席になってしまいましたが、今回は広いスペースですので、席に余裕があるでしょう。


[1317] 4億5千万円あたりました。 投稿者: 投稿日:2009/09/20(Sun) 19:44  

言ってみてぇ〜〜〜〜っ!!
実際当たったら言えるわけないですよねー。そもそもtotoや宝くじ買うほど懐に余裕なんてないですからねー。

さて、昨日のコンクールについて補足です。第2位は富山在住のボリビア人レネ・ロペスさんでした。たしかに舞台パフォーマンスで一番観客を喜ばせましたし、チャランゴの演奏自体も上手でしたが、正直なところ入賞するとは思っていなかったのでダークホースといった感じです。審査員も見解が分かれて、おもしろいことに南米出身の二人の審査員は90点台の高得点をつけ、日本人審査員は70点台とみごとに意見がわかれました。第3位はベテランのチャランゴ奏者の曽根正裕さん。20年ほど演奏活動を休止されていたということで、私は存じ上げなかったのですが、マウロ・ヌニェスやカブールさんの奏法を見事にマスターしていました。4位はチャランゴ新世代にも出演された菅野智文くん。自由曲が終わった段階では彼が優勝するのではないかと思っていたのですが、課題曲で緊張の波に襲われたのか演奏が乱れてしまったのが残念でした。


[1316] チャランゴコンクール優勝しました。 投稿者: 投稿日:2009/09/19(Sat) 20:18  

言ってみてぇ〜〜〜〜っ。
私が出てたら間違いなく最下位だったでしょうね。出なくて良かった。レベル高かったです。出演者はかなり緊張したでしょうね。ただでさえホールでソロで弾く機会なんてそんなにないでしょうし、カブールさん以下そうそうたる審査員の方がいて、目の前で写真を撮ってるカメラマン。緊張しないわけにはいかないでしょう。いかに普段通りの演奏ができるかが鍵でしょう。

コンクールには応募総数5名の中から厳選なテープ審査で絞られた5人が出場して、演奏する順番も公平にくじで決められました。
まずそれぞれ自由曲を演奏し、そのあと課題曲(ボリビアのフォルクローレ)の演奏でした。通常コンクールだと課題曲が先のような気がするのですが、逆でした。
優勝したのは今年のチャランゴの集いで初めてお会いして、そのあとこの談話室にも書き込みしていただいたことのある静岡の渡辺康平さんです。おめでとうございます。今日の出場者の中では一番ボリビアの雰囲気がでていると思いました。それだけでなく、曲に魂を込めて弾いているのが伝わってきました。おそらくそれが審査されている方にも伝わったから優勝となったのでしょう。
コンクールのあとは、カブール氏のソロ演奏をたっぷり1時間以上堪能できました。演奏もさることながら、サービス精神旺盛で、やんちゃなところもあり、ユーモアたっぷりのおしゃべりと、通訳の方との掛け合いも楽しく、場内は笑いの渦につつまれてました。前回来日の時よりずいぶんご機嫌も良いように感じました。前回は全国ツアーでそうとう疲れていたのでしょう。カブール氏の演奏を聴いて感じたことは、とてもここで書ききれるものではありません。というわけで、是非みなさんも、来週聴きに行ってください。予約は若干増えているそうです。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93]

処理 記事No 暗証キー
- LightBoard - Modified by isso